デブ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デブ( fat,stout)とは、ホモサピエンス(通称人類)から、何らかの原因で発生したと考えられている比較的新しい種類の人種の名称のことある。横幅が広く、同じ人間なのに黒人同様公害とされたりしてきた可哀想な人々であり、現在もデブ人種に対する迫害は世界各地で起こっている。[1]尚、豚人肥満という類似の生物がいるが、あまり関係はないとされている。[不要出典]

概要[編集 | hide | hide all]

典型的なデブ

デブとは、我々ホモサピエンスから何らかの原因によって発生したと考えられている。他の人種と大きく異なる特徴は、その外見や体脂肪率にある。身長に対する体重の割合が高く、脂肪を多くため込んでいるため、体に入りきらない余った肉が腹やわき腹などについていき、全体的に丸っこい愛らしい姿をしている。一部の専門家は「デブがため込んでいる脂肪栄養分はラクダのこぶと同じような役割があるとし、緊急用の食料源として利用出来るのではないか」と世界中で研究が行われている。

定義[編集 | hide]

わかりやすく表に

デブとは以下の公式に、身長、体重を当てはめた時、「数値が25.00以上」という条件を満たすことが必要とされている。

公式
体重が(kg)、身長が(m)の人のデブさ指数は、

で表される。例えば身長156cm (1.56m)、体重45kg(仮定)のhyde場合、

=一般的な体型

また、白鵬は身長192cm(1.92)、体重155kgなので

=重度の肥満体型

となる。白鵬などは25.00を超えればデブ認定されるところを42.0という驚異的な記録を出している。何事も負けたくないというめんどくさい性格の表れだろう。

考えられる発生原因[編集 | hide]

前述の通り、正確な発生原因は判明していないが、推測されている有力な説としてneetであるということが挙げられている。人は1m歩くだけでも1000calほど消費する。つまり、全く運動をせず、社会的な窓を閉ざされた人がデブ化するというのだ。ただ、単純に摂ったエネルギーを消費しきれないのではなく、デブの中には意図的に太ったと考えざるを得ない人も発見されており、正確な発生原因を特定するには至っていない。また、生態などに関しても不明な点が多く、偶発的な発生に対する治療技術も未発達である。

迫害されてきた過去[編集 | hide]

デブはその見た目の悪さから、古来より黒人同様他の民族から無視、冷やかし、白い眼などさまざまな迫害を受けてきた。特に中世ヨーロッパではデブ狩りと称して大規模な処刑運動会が行われたりした。ウソペディアでも例外なく「開発者」はデブだとして迫害されてきた。[2]しかしながら、現在の医療では突発的な発生を抑制することは不可能であり、誰でも突如デブになることはあり得る。デブだからといって絶対に馬鹿にしてはいけないのである。

また、たいていのデブは自分がデブであることを気にしているので、迫害したり悪口[3]を言うと、流行りの仕返しを使われてしまう。男女平等・差別撲滅などが叫ばれる今、デブを迫害することが受け入れられるとは言い難いだろう。

脚注[編集 | hide]

  1. 商業関係者の中には貴重な消費者として彼(女)らをもっと保護すべきだという意見も出ている。
  2. 理由の真偽は定かではない。
  3. デブな人に「太っているね」と言うとさらに太るらしい。[要出典]

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは155日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。