トレインサーフィン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トレインサーフィンとは、走行中の列車の屋根上や側面や下部にしがみ付き乗車をするエクストリームスポーツである。主にインド・バングラデシュ・インドネシアなどで行われている。また、近年は世界中で若者が無賃でトレインサーフィンをする例が確認されており、進化型トレインサーフィンと言われている。

概要[編集 | hide | hide all]

19世紀末から行われているエクストリームスポーツであり、日本国内でも戦後の混乱期に多くの同競技のエクストリームスポーツプレーヤーが見られた。現在、日本では法律による取り締まりにより粛清されましたになる事が多く、選手は減少傾向にある。

同スポーツは、「列車に轢かれたり、跳ね飛ばされたり、架線に触れて感電死する」などの死の危険があることから身体系、「発覚して駅員に連れてかれて警察に捕まる」という点から社会系の両方に分類される事から、複合系エクストリームスポーツに分類される。 今では、主にインドバングラデシュなどで開催されている。 グモッチュイーーンも同時に開催されることがある。 トレインサーフィンは'ウィキペディアに執筆されるほど身近になっている'

日本国内での現状[編集 | hide]

日本国内では、当初からトレインサーフィンは取締の対象であったが、軽便鉄道では取締がされなかった時期もあった。これは軽便鉄道は、個人でも敷設可能であり鉄道とは差別されている被差別鉄道だったからである。戦後の混乱期は一時期容認され、トレインサーフィンが多く行われていた。しかし、検閲により削除の陰謀により、検閲により削除されてしまった。

しかし、21世紀に入ってからは、再び復活の兆しがあり、ここ数年で数人のプレーヤーが検閲により削除されている。