ドラえもん

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラえもん(2112.9.3~何故か過去(私たちから見れば現代)に生息)とは、東京都練馬区月見台すすきヶ原3丁目の野比家に生息する猫を名乗る一匹の狸型ロボット兼大量破壊兵器である。

ドラえもん氏曰く、元々猫型だったので猫型ロボットだと主張しているが、耳部が取れている他、元から耳が飾りだと考えると完全に狸型ロボットである。また、一部の個体は蒼い悪魔として暴れる報告がある。

概要[編集 | hide | hide all]

2112年9月3日のび太国TOKYOメトロポリタンTOKYOCITYマツシバロボット工場で偶然かどうかは知らぬが爆誕する。

その後、耳部が簡単に取れたり、齧っただけで取れるなどの重大な欠陥が発覚した上、国際連合 (未来)からも危険兵器所有ロボットとして個人で扱うものじゃないだろと指摘され、日本政府からもやりすぎと言われた為、松芝ロボット側は2115年3月に自主回収を決定した。しかし、セワシ氏は、自主回収対象品であったドラえもんを何とか自主回収から免れるために、自身の曽々祖父元祖NEET少年で0点馬鹿ののび犬氏の更生すると言い分を付けて、怪しげで安っぽいのに先進的な謎の乗り物によって145年前、昭和45年(1970年)の元旦に送り込まれた。

その際、氏は引き出しから突如出現したものも、更生するばかりか、ある意味かえってのび犬を道具やドラえもんに頼らないと生きていけない駄目人間にしてしまったが為に役目が果たせず、結局は2112年に誕生するまで現世に居座り続けると思われる。つまり、ドラえもん氏の渡来によって2112年時点でドラえもんは2匹存在する事になる。なお、空想学研究専攻の柳田理科雄氏によると、これが後の蒼い悪魔を生む原因にもなったと指摘されている。

なお、現在はのび太国で秘密道具省・時空省大臣になっている。

由来[編集 | hide]

ドラ息子にする狸と衛門をかけた言葉であると言うのが最有力候補であるが、当の本人は否定しており、たまたま22世紀で出会ったどら焼きが好きすぎたからドラえもんだと主張している。

祖先[編集 | hide]

その祖先に遡れば、ドラえもんの誕生から115年程前、20世紀末にアメリカ合衆国で誕生したブロードバンド君がドラえもんの最も古い祖先だと言う。なお、現代人はブロードバンド君がドラえもんのパクリだと思っている者が多いがブロードバンド君が1999年〜2000年に誕生し、そちらのドラえもんが2112年に誕生したと考えるとドラえもんの方がブロードバンド君より112・3年後に作られている事になるので、寧ろドラえもんがブロードバンド君のパクリである。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『ドラえもん』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ