ニンジャスター

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニンジャスター(:Ninja star)とは、法的効力を持たない名誉勲章のようなものである。

概要[編集 | hide | hide all]

ニンジャスターとは、アンサイクロペディア(英語版)において、日本にかぶれたOTAKUたちが何かCOOLだなと思って始めた、ユーザー同士のプレゼント制度である。

貢献したと思われるユーザーに差し出されるが、もらってもそれによって役職などが得られる訳でもなく、トークページが汚れる以上の意味もない。

Facebookにおけるいいね同様、皮肉の意味で贈られることがあるが、本来皮肉の時こそピカピカのものを贈るべきなのに、何を間違ったか、ボロボロで分かりやす過ぎるものを贈ってしまう傾向があるのは、やはりアンサイクロペディアンがまだまだユーモア研究生でしかないことの証となっている。

使用法[編集 | hide]

贈るなら[編集 | hide]

ムカつくユーザーを褒め殺しにしたい時に、適当な功績をでっちあげて大量送付すると良い。いくらやっても、名誉を与える以上、荒らし認定はされない筈である[1]

真面目に尊敬しているユーザーであれば、画像ではなく、きちんと言葉で話をするべきである。何故ならば、アンサイクロペディアンは冗長性を崇拝しており、ユーモラスである限りは、長話を非常に喜ぶからである[2]

もらったら[編集 | hide]

後生大事にユーザーページに掲げると、有力ユーザーだと勘違いしてもらえる。人によっては、露骨に対話拒否していると思われたくないために、トークページをこれで埋めて対話しづらくする手法を採っている。

もらってもいないニンジャスターをもらったと主張すると、多分投稿ブロックの対象となるのでご注意を。

脚注[編集 | hide]

  1. 本来はそうなのだが、IPユーザーが管理者推挙しただけで誹謗中傷と見なされてブロックされたこともあるという日本のアンサイクロペディアに限って言えば、この限りではない。
  2. つまらない話はこの限りではなく、つまらない表現ばかりしていたら、「誹謗中傷」「ネットいじめ」などと言われてしまうことだろう。

関連項目[編集 | hide]