ハイジのブランコ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハイジのブランコとは、不安全な長いブランコを使用したエクストリームスポーツ

概要[編集 | hide | hide all]

高い山に登りそこから長さ30メートルの巨大なブランコに乗り、最速70km/hの環境で命懸けでブランコをするエクストリームスポーツである。競技人口は、本家であるアルプス山脈周辺が最も多くそれ以外では北欧ヒマラヤ等世界各地の高山地帯が中心。高さ80m~高さ150mを行き来する為落ちれば命は無い。なお、100kg以上のデブは落下して死ぬので、デブはこのスポーツのプレイは禁止である。由来は、考案者のハイジ氏から。

目的[編集 | hide]

  • 高い山に登ることで山の澄んだ空気が味わえる。
  • ブランコによって風を得、爽やかな気分になれる。
  • ブランコから落ちたら、命は無い。スリルを味わえる。
  • 口笛を遠くへ届かせる。
  • 雲が待っているので行く
  • おじいさんに訊く。
  • 有名人になる。
 

この項目『ハイジのブランコ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ