バケットシート

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バケットシートとは、疲れにくい反面、石のように硬くなっているイスの総称である。座席指定列車や飛行機では乗り心地を良くするためだけにあるが、通勤電車では独り占めを防ぐためにある。

概要[編集 | hide | hide all]

通勤電車では横幅の大きな人たちが座ると7人がけなのに6人がけになってしまうとの問題があった。そのため手すりを配置したりモケットの模様で対策していたのだが、やはり独り占めされた。そこで導入されたのがバケットシートである。

最初のほうでは少しへこみがある程度だったが、最近では大きくへこんでいる。

これらは転換クロスが東京ではKQしかないからか、大阪より東京に多い。東京では走ルンですが石のように硬いイスを装備した影響が大きく、以後のJR東日本はみんなイスがへこみ、硬い。しかもJR東日本は田舎の車両までイスを硬くした。

E331系ではただのバケットシートではなく、ぐるぐる動いて今にも壊れそうだった可変座席を導入していた。しかし薄っぺらいため更に硬かった。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「バケットシート」の項目を執筆しています。
  • 走ルンです - バケットシートが石のように硬くなった一番有名であろう例。
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは459日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。