バンジージャンプ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バンジージャンプとは、エクストリーム・スポーツの一つである。

概要[編集 | hide | hide all]

かつては成人するための儀式の一環として行われていたが、現在は多くの人々に親しまれている競技である。 チャレンジャーはとにかく高いところに登り、そこからヒモを付けて下に向かって飛び降りるというシンプルなものである。だが、高いところに登って下を見るとその高さからチャレンジャーは恐怖とスリルを覚え、またヒモが切れてしまうのではないか、ひょっとするとヒモは長すぎて地面に叩きつけられてしまうのではないか[1]、といった不安を抱えるため、なかなか飛び降りることができない。しかしチャレンジャーは意を決して飛び込むことで観客は大いに盛り上がる。これが選手、観客双方において1番面白いところである。

採点基準[編集 | hide]

採点は飛び込み点(200点)と、飛び込みまでにかかった時間(100点からその秒数が引かれる)の合計300点で計算される。死亡した場合は失格となる。また、得点がマイナスになってしまった場合も失格となる。なお、飛び込む際の美しさの加点基準は以下の通りとなっている。

+5点
  • 無事に落下に成功する。
  • 観客から歓声が上がる。
+10点
  • ウルトラマンのように前方に向かって飛ぶ。
  • 後ろ向きで飛び込む。
+50点
  • 空中で回転する。
  • 放物線を描くように落下する。
+100点
  • 着地する。
+1000点

また、減点基準は以下の通りである。

-10点
  • 飛び降りる際に悲鳴を上げる。
-100点
  • 飛行する。
  • ヒモが長すぎて地面に叩きつけられる。
  • ヒモが切れる。

脚注[編集 | hide]

  1. かつてヒモが長すぎて墜落死した男性もいるらしい。彼はエクストリーム・スポーツ協会から勲章を授与された。