パンシロン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンペディア的
Enpedia.png この記事はうろ覚えと独自研究で書かれたエンペディア的な記事です。事実の記載は曖昧模糊としている割に、ユーモアの成分も、ウソの才能も足りていません[要出典?]。どうか、ウィキペディア[ソース求む!]などを参考にして、内容を膨らませてください。彼らが我々のウソの才能をたたえ続けられるようにするためです。お願いしましたよ。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「パンシロン」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「パンシロン」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。
NoEnpedia.png
ヤツデ感染症のエリートのエンペディアン達も「パンシロン」を執筆していません。いくらエリートでも、彼らはさらにエリートなウソペディアンとは違うのです。
ニコニコ大百科.gif
ニコニコ大百科ではわざわざ金をかけてまで「パンシロン」の項目を執筆しているユーザーがいます。
初代パンシロン。発売当時から変わっていない。

パンシロン(ぱんしろん)は、ロート製薬が日本侵略のために販売を推し進める胃腸薬である。キャッチコピーは「パンシロンでパン!パン!パン!」。 -

パンシロンの概要[編集 | hide | hide all]

信天堂山田安民薬房の主力となる「胃活」。

パンシロンの前身は1899年(明治32年)に信天堂山田安民薬房ロート製薬の先祖)の創業と同時に発売された胃腸薬胃活(いかつ)」であった。当時「胃病に胃活、泣く子に乳」のコピーでよく売れていたらしい。

胃活」の発売から55年経った1954年(昭和29年)、「胃活」の効果を継承する形で「ロート胃腸薬 シロン」が発売された。[1]その後も「ロート胃腸薬 シロンS」や「キャシロン」が発売され、ロート製薬の売り上げを伸ばしたのであった。

そして1962年(昭和37年)2月1日、「胃活」の効果をさらに進化した初代「パンシロン」が発売された。その後も後継商品が多く発売され、目薬と並ぶロート製薬の主力商品となって現在に至る。

パンシロンの効能・効果[編集 | hide]

1979年当時のパンシロンGのCMより。左の顆粒が溶けて胃に効くらしい。

のみすぎ・食べすぎを始め、胸やけや胃の痛みによく効くと言われている。胃腸薬自体が体内で溶けて胃の病気が「パン!」と消えることから「パンシロンでパン!パン!パン!」というコピーが生まれたことは意外と有名。 -

宣伝[編集 | hide]

発売から1年経った1963年(昭和38年)にロート製薬の本社工場内にて撮影されたテレビCMが放映されている。このテレビCMのおかげでロート製薬の売り上げが大幅に伸びたことは余りにも有名。 -

商品[編集 | hide]

  • パンシロン - 一応本製品。
  • パンシロン01 - 現在のパンシロンの主力。
  • パンシロン01プラス - 上記の顆粒タイプはこの名称で販売されている。
  • パンシロンG - 進化したパンシロン。
  • 新パンシロン - 生薬を加えたパンシロン。後に「パンシロン新胃腸薬」に進化。
  • パンシロン漢方胃腸薬 - 漢方薬が入ったパンシロン。
  • パンシロン胃腸内服液 - 液状のパンシロン。別名「パンシロン液」。1986年に松方弘樹と加藤茶が出演したテレビCMが放映されたことは意外と有名。
  • パンシロンNOW - 水のいらない、タブレット状(笛ラムネに似ている?)のパンシロン。[2]
一体、パンシロン(と言うよりロート製薬)は何処へ行こうとしているのだろうか?
  • パンシロントリム - 錠剤自体が3層形式のパンシロン。
  • パンシロンキュア - ストレス等による胃痛・胸やけに対処するパンシロン。
  • パンシロンAZ - 薬物効果が非常に強力なパンシロン。[3]
  • パンシロン胃活飲力 - 1999年ロート製薬創業100周年記念限定品。「胃活」の魂が入っている。

脚注[編集 | hide]

  1. シロン」の名前の由来はスイスレマン湖に浮かぶシヨン城(フランス語/英語:Chateau de Chillon)の英語読み(シャトー・ド・シロン)から取られている。当地を訪れた山田輝郎が、その美しさに感銘したことにより名づけたと思われる。
  2. 1992年(平成4年)に関西地方のみ発売していた。全国で発売されたのは1993年(平成5年)からだった。
  3. 当初の名称は「ロートAZ胃腸薬U」だったらしい。

関連項目[編集 | hide]

パンシロンのCMのラスト数秒はこんな映像らしい。