ヒヤリハット

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒヤリハットは、冷感機能が付いている帽子のことである。主に、熱中症防止[1]のために使用される。名前は「ヒヤリとするハット」から。

特徴[編集 | hide | hide all]

ヒヤリハットは薄い素材でできていて通気性が良くなっている。また、を吸収しないように色はであることが多い。冷感パッドは、取り外しが出来るようになっているものと、帽子と一体型になっているものがある。

この道具は建築現場で多く使用されるため、脱げにくい素材でできているものもある。

事故との関連性[編集 | hide]

ヒヤリハットは多くの事故現場に落ちていて、「ヒヤリハットの呪い」と称されるほどの風評被害を受けている。しかも、一つの事故現場に300個近く落ちていて、「不法投棄ではないか」との指摘も出ている。

ヒヤリハットマップ[編集 | hide]

事故自体は発生していないが、ヒヤリハットが複数落ちていた場所をまとめた地図をヒヤリハットマップという。しかし、ヒヤリハットと自己の関連性は不明であるため、有用性自体は不明である。