ビコリム戦争

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビコリム戦争
詳しい情報
場所ゴア北部(主にビコリム、ペルネム、バルデスの地域)
結果不侵略条約
戦った人々
勝者ポルトガル帝国
敗者マラータ帝国、地元の村人たち
司令官と指導者
勝者側マティアス・デ・アルバカーキ
アルベルト・ピント
敗者側シヴァジ・ボンズレ

ビコリム戦争(〜せんそう)とは、現在のインドにあたるゴア北部、特にビコリム地方で、ゴアのポルトガル人支配者とシヴァジ・ボンズレ率いるマラータ帝国との間で起こった武力衝突の紛争である。紛争は1640年半ばから1641年初頭まで続き、マラータ連合国とポルトガル人は既存のマラータ-北ゴア境界線を尊重する条約に調印したが、ゴアとダマン島、ディウ島ではマラータ支配者とポルトガル人の間に緊張が続いた。

背景[編集 | hide | hide all]

ポルトガル統治時代にゴア旧市街に建てられた聖カトリーヌ礼拝堂。同じくゴア旧市街にあるサンタ・カタリーナ大聖堂と混同しないように注意。

1498年、ヴァスコ・ダ・ガマがゴアを通るルートを作った。それを通ってゴアへとやってきたポルトガルの貿易商たちはこの地をインドで最初の交易港とした。1542年までにゴアを含むヴェラス・コンキスタの地域は、高い繁栄を見せてていた。また、当時はヒンドゥー教イスラム教が活発だったため、ポルトガル人がもたらしたキリスト教は新しいものだった。キリスト教に改宗した者は、ヒンドゥー教イスラム教のままでいることを選んだ者に比べて、特別な特権を与えられたが、それでも多くの人々は改宗の道を選ぼうとはしなかった。しかし1560年にはゴアに異端審問所が設立され、最初の数年だけで4,000人が異端のために逮捕された。近隣のヒンドゥー教地域、特にゴアの北側の地域とノヴァス・コンキスタスの地域は、新たに設立された異端審問所に対して多くの不信感を感じた。 この間、ゴアは華やかに成長していたが、北にあるマラータ地方はそれを上回る成長を見せた。しかし、1603年から1639年にかけてオランダ・ポルトガル戦争の一環としてオランダ艦隊がゴアを封鎖し、ポルトガルからの物資の供給を遮断したため、ゴアの住民は絶望的な貧困状態に追い込まれた。オランダとポルトガルは、拡大する帝国に加えてポルトガルの植民地を押収しようとしたオランダの試みの結果、戦争状態にあった。 並行して、シヴァジ・ボンズレは、最終的にマラータ帝国の創設につながる一連の征服を開始した。1635年、マラータ帝国とポルトガル領ゴアは共通の国境を制定した。 マラータ帝国の成長を知り、蔓延する飢饉を余儀なくされたゴア北部の多くの住民は、マラータ帝国への支持を表明した。また、他の住民は、特にゴアと国境を接していたコルハプールという影響力のある地域からのマラータ系移民を村に受け入れた。 1639年、オランダの封鎖が解除され、マラータ族とゴア南部にあったマイソールとの間で条約が結ばれた。 マラータ族はまた、残りのデカン州に一種の保護国としての地位を提供していた。彼らの南方の辺境のうち、平和的に確保されなかった唯一の部分は、ポルトガルのゴアとの間のものであり、マラータは北と東から取り囲まれていた。

紛争への道[編集 | hide]

1640年1月、マラータ派はゴアに設立されたポルトガル総督と交渉を試みた。役人は当時のポルトガル領ゴアの行政に大きな影響力を持っており、ヒンドゥー教のマラータ帝国と交渉を行うことは、大義への裏切りとみなされた。 このメッセージは間接的にマラータ帝国にも伝わり、平和なマイソールの辺境からゴアとの国境に軍を向けるようになった。アルバカーキは最終的にマラータ帝国の代表者との会談に同意したが、決議には至らなかった。世俗主義に傾倒していたマラータ派は、特にゴアにおけるヒンドゥー教徒の扱いを非難し、彼らの行動によって異端を犯したとされるヒンドゥー教徒の火炙りを指摘した。 この会談の決定的でない結果が、その後の対立の大きな原因の一つとなった。 1640年のゴアの夏(つまり1640年2月から3月)の初めまでに、アルバカーキはペルネムとビコリムのゴアの村々にポルトガル人の存在を維持するように命じた。この行動を不審に思い、マラータ帝国とビコリムの国境に沿った小規模な軍隊の増援をマラータ族に命じた。それまでゴアに対する外部からの陸地の脅威がなかったため、国境は特に要塞化されていなかった。 ビコリム地方の知事は、ニコラウ・デ・メッロというゴア人のキリスト教改宗者であった。メッロは信頼された知事であり、臣民の間ではかなりの人気者であった。ゴア人の歴史家であるデイビッド・ドゥーザ(David D'Souza)によると、ビコリム地域のヒンドゥー教徒はメッロを反ヒンドゥーの偏見を持っていると考えており、マラータの側につく準備を整えていたという。

イブランプールでの対決[編集 | hide]

ポルトガルは、海軍を北上させてコルハプール地域への侵攻を行い、それによりマラータがノヴァ・コンキスタに与えていた脅威を取り除くことが議論されたが、この計画は戦争のエスカレートの引き金となり、マラータがオランダと同盟してポルトガルと戦う可能性があるとして却下された。実際に紛争が始まったのは、重要な道路やチャポラ川の源流に近いペルネム県の小さな町イブランプールであった。ビコリム国境のマラータ軍はイブランプールにポルトガル軍が集結しているという情報を得たとされているが、当時のポルトガル軍は、実際には国境からさらに離れたアローナの砦に拠点を置いていた。ポルトガル軍が発見されなかったため、マラータの司令官はポルトガル軍がまだ来ていないと判断し、ポルトガル軍が到着する前にイブランプールを要塞化する必要があると判断した。ビコリムとペルネムでマヌエル・デ・エラミノスが率いたポルトガル軍は、マラータ人の侵入を知らされ、ゴアのヴァスコ・ダ・ガマに侵入を報告した。彼らはイブランプールでマラータ人を攻撃するため、アローナを無防備にしてイブランプールへの道を下った。 1640年8月に行われたポルトガルの攻撃は迅速かつ効果的だった。イブランプールから出る北と西の2つの主要ルートは、両方とも包囲されていた。過大な被害を避けるために、ポルトガル人は歩兵の波で攻撃を開始した。歩兵に与えられた死傷者は軽かったが、マラータ軍の規模を見て退却した。マラータ軍は自分たちが明らかに優位に立っていると考え、アローナへの道に沿ってポルトガル軍を押し返すことにした。マラータ軍の騎兵隊は退却した歩兵を自分たちの攻撃線まで追いかけた。交戦が続いたため、イブランプールの北側に駐留していたポルトガル軍を西に呼び寄せ、戦闘に協力することになった。 しかし、北側にいた比較的少数のポルトガル人部隊は、イブランプールから進軍してきたマラータ歩兵に阻まれた。 このようにして、戦いの初日が終わる頃には、部隊には2つの前線があった。しかし、ポルトガル人は突然、紛争の激しさとマラータ軍の強さを認識するようになっていた。彼らはまた、イブランプールの住民が自分たちの町の周囲にマラータ人の要塞が建設されることを容認し、それを許していること、そしてヒンドゥー教徒が多数を占めるこの町が辺境周辺の他の町に悪い影響を与えているかもしれないと考えていることも認識させられた。 アローナへのマラータの攻撃の2日後、ゴアのヴァスコ・ダ・ガマからの援軍が部隊に到達した。数のバランスが取れていたため、ポルトガル人は押し込みを止めることができた。どちらの側も、危険を冒して、犠牲者を出すことによって紛争をエスカレートさせることは望まなかった。マラータ軍は最初の2日間の戦闘において早い段階で死傷者を出しており、それがアローナへの退却の引き金となったが、 騎馬隊の優位性を利用して、ポルトガル軍に突撃するのではなく、ポルトガル軍を出し抜くために鎮圧したままであった。 7月上旬、イブランプールから遠く離れたところにいたポルトガル人は、大砲を使用する許可を得た。砲兵は歩兵を鎮圧するのに効果的だったが、死傷者はほとんど出なかった。マラータ人はアローナからさらに離れて再編成し、道の南側の敵にその速度を使用して、彼らの砲兵に壊滅的な打撃を引き起こすことができるだろうと仮定していた。ポルトガル人はすぐに彼らの力を分割し、彼らのリターンでマラータの側面にしようとすることを選択した。これを知らないマラータ人はポルトガル人の反撃を受けたため、さらに南下してチャポラ川に向かって移動することを余儀なくされた。 チャポラ川に到着したマラータの騎兵隊は、マラータの支配する領域に後退することを決め、ゴアの戦略的な位置からポルトガル人をおびき出そうとしたが、ポルトガル人はチャポラ川の源流まで彼らを追いかけようとはしなかった。7月の終わりには、マラータは自分たちの領域で再編成し、ポルトガル人はアルベルト・ピントの指導の下、アローナを要塞化し、チャポラ川の北側に部隊の位置を分散させた。

マラータによるビコリム侵攻[編集 | hide]

アグアダ要塞。ポルトガル軍が防衛を敷いた場所の一つ。

この時点で双方は、紛争を解決するためには武力行使が必要だと確信していた。マラータ人は、ポルトガル人がマラータ領に侵入するためにイブランプールに軍隊を移動させていたと未だに信じており、ポルトガル人はゴアとマラータ帝国の間に緩衝地帯を作り、北のコルハプールを占領することで、マラータ帝国との間に緩衝地帯を作ろうと考えていた。さらにペルネムは北と東からマラータの土地に囲まれた地域に位置していたため、双方から最も戦線の下に置かれる可能性が高い地域と考え、ペルネムを確保するという以前の計画を放棄し、ビコリムに南下した。 ビコリムは軍隊による防御はそれほど厳重ではなかったが、パンジムからの移動が容易で、より中央に位置していた。マラータ人は8月中旬にビコリムに入り、地域の北、チャポラの南にある広大な農地と畑を通るルートを取った。マラータ人の存在は地元の人々には報告されなかったが、彼らはマラータ人を無視するように騙されるか、マラータ人の側につくように説得された。 8月下旬には、マラータ派の歩兵がカンサルパルとラタンバルセムを攻撃し、サルの近くの小部隊が攻撃した。どちらの町もヒンドゥー教の宗教的・文化的に重要な場所であったヒンドゥー教の大多数を占める地域では大きな抵抗はなく、マラータ族が前方基地として町を要塞化し始めたため、死傷者は出なかった。 9月10日、ポルトガル軍はアローナの西の橋を通ってチャポラ川を横断した。偵察では南岸にマラータの歩兵がパトロールしているのが発見されたため、この横断は真夜中に行われた。夜間の攻撃では大砲が効かない上に、そもそも危険だからだと考えたからである。哨戒隊はポルトガル人を側面から援護したが、結果としてマラータ人に降伏させられ、武器を没収された。 この敗北は紛争の過程で重要な意味を持っていた。ポルトガル人は、以前にマラータ人をゴアから追い出し、アローナでは大砲を放棄していた軍需品と多くの兵力の優位性を失ったのである。マラータ族は国境からマウリンゲムへの攻撃を開始したが、町のヒンドゥー教徒の大多数がマラータ族を受け入れていたため、この攻撃は最小限の戦闘で済んだ。 ポルトガル軍はビコリムの町、ラムガオ(Lamgao)、ムルガオン(Mulgaon)、ヴァタデオ(Vathadeo)のほか、マラータ帝国とサタリの国境にも駐留していた。ポルトガル人は、ビコリムの人々がマラータに反対していないことを知っていたため、ビコリムに駐留していたマラータ人への直接攻撃を控えていた。彼らが最も要塞化して保護していた町にはヒンドゥー教徒が少なく、そのため簡単に乗っ取られる可能性が低かったからである。10月にヴァタデオへの攻撃が始まると、戦闘が始まった。

ヴァタデオの戦い[編集 | hide]

ヴァタデオの戦いは短期間だったが、ポルトガルのゴア防衛に大きな影響を与えた。ヴァタデオは戦略的な地点であり、ビコリムの町に進出する前にマラータ人は確保する必要があると感じていた。比較的小さなこの村には静的な防御はなかったが、ポルトガル人はその周辺に必要な要塞を設置していた。アルベルト・ピントはヴァタデオを守るため、ペルネムからビコリムに召集された。予想通り北からマラータの攻撃が来て、ポルトガル人はすぐに砲撃した。マラータの騎兵は砲撃に直面して分散した。ポルトガル人の砲撃は不正確で、騎兵には効果がなかったが、歩兵は前進を続けるうちに軽い死傷者を出した。 マラータ側としてはポルトガル人がヴァタデオの北側を中心に標準的な防衛線を形成しているとき、自軍の歩兵が対峙し、騎兵が彼らを出し抜いて死傷者を出すことができる間に、彼らと接近戦で交戦することを目的としていた。交戦は成立したが、ポルトガル人はすぐにマラータの防衛線を突破したため、大きな死傷者を出した。これにより、マラータの戦略はボロボロになっていた。加えて指揮官の効率の悪い命令により、騎兵隊はポルトガル軍の反撃を止めるために突入する前に、ポルトガル軍の反撃がしばらく続くことを許してしまった。ヴァタデオの北端での激しい戦いは、この戦争の中でも最も激しい戦いの一つであり、同数の戦闘が一日中続いた。 最終的には日が暮れると、ピントはポルトガル軍に前進を止めてヴァタデオに戻るよう命じた。この戦いでの死傷者の詳細はポルトガル史やマラティ史には記載されていないが、かなりの犠牲者が出たと推測されている。デイビッドは、この背景にある理由は、紛争の最後にはこの戦いで被った死傷者の数がどちらが優勢であったかを決定する要因となり得た可能性があり、双方は同じように高い犠牲者を譲歩することを恐れていたからだと主張している。 翌日、マラータ軍は夜明け前に再び北から攻撃を開始した。この攻撃は秘密裏に開始されたが、夜明け後には再びボロボロになり、ピントは軍勢の手腕を発揮して潮目を変え、再びマラータ軍を北に押し上げた。しかし、この時、マラータの騎兵隊はなんとか交戦を逃れ、町に残っていた部隊に立ち向かうためにヴァタデオに南下することができた。ポルトガル軍は大規模な騎兵攻撃の開始とともにヴァタデオで降伏したが、彼らの部隊の大部分はポルトガル軍の残りの部隊の視界内にあった。 白旗が掲げられていることに気づいたピントは激怒し、ヴァタデオへの退却を計画した。しかし、彼の退却は彼の部隊が最小限の死傷者しか出さないように計画されていたため、町に戻るのに夜までかかった。マラータ軍は多勢に無勢であったが、ピントの部隊に立ち向かうために戦略的に配置されていた。だが、町の外での更なる作戦により、マラータの騎兵隊はヴァタデオの北に追いやられた。双方が勝利を求めていたため、戦闘は夜通し続いた。最終的に、疲労したポルトガル人は町の南端の位置に退却して町を要塞化し、マラータは町の北端を取ることとなった。 町は二つに分かれていたが、民間人はマラータ族によって両サイド間の移動を自由に許されていた。下心を察知したピントは、彼の部隊の一部に外出禁止令のようなものを課し、町の住民、特にヒンドゥー教の高いカーストを持つ人々の家を監視するよう命じた。これらの民間人が北に行ってマラータ軍に話をすれば、マラータの大義に結集するのではないかと示唆された。翌日の午後、双方が膠着状態にある中、北から来た民間人のグループがポルトガルの武器を盗もうとしたた。彼らは盗みの容疑で捕まり、反逆罪として投獄され、ヴァスコ・ダ・ガマに送り返された。しかし、これらの噂はすぐに広まり、市民の不安を引き起こしたため、ポルトガル人は町の南部での動きを取り締まることを余儀なくされた。デイビッドは、この噂はマラータ軍によって誇張されたと主張している。 北部ではマラータ人は民間人の自由な移動を許しており、彼らは普段通り振る舞っていたが、南部では一部の特権階級や有力者の家庭のために、民間人のほとんどは屋内に留まることを余儀なくされた。その翌日、マラータ人は歩兵の攻撃を開始し、ポルトガル軍が一団となって歩兵を押し返すまでの間、地面を固めていた。 マラータ人はより多くの地面を作ることができたかもしれないが、巧妙に時間をかけて一軒一軒の家に行き、住民に彼らが自由であることを知らせた。 ポルトガル人が領土を取り戻すと、彼らは民間人を自分の家に戻すように命じた。民間人は家に戻るのではなく、軍隊に反対して暴動を起こし、ヴァタデオの南を揺るがした。多くのポルトガル人が暴動を封じ込めていたため、マラータ人は夜になって再び攻撃を開始し、短いながらも決定的な戦いが続いた。 ピントは、翌朝、ヴァタデオの南側の道路に退却して街を包囲するように命じた。ヴァスコ・ダ・ガマから、ヴァタデオから目を離すなとの再三の命令を受けた。2日後、彼らは街への補給路を断ち切った。ポルトガル人は周辺の農耕地から住民を遮断し、食料もなく、包囲の準備もできていなかった。11月初旬までには、民間人はヴァタデオを離れ、ポルトガル人に服従し始めた。何人かは反逆罪で告発され逮捕されたが、主にカトリック系のポルトガル人の派閥の家族からは自由に出て行くことが許された。

反乱の始まり[編集 | hide]

マラータ人は、これ以上兵力を派遣する余裕がない状況に追い込まれていた。比較的迅速で効果的だった以前の侵略とは逆に、ポルトガルの技術的優位性に対抗するのに時間がかかっていた。 しかし、ヴァタデオのヒンドゥー教徒が逮捕され、外出禁止令が出されたというニュースは、ゴアの国中に瞬く間に広まった。 12月初旬には、噂はヴァタデオでマラータ派と同盟を結んでいたとされる人々が虐殺されたという話にまで誇張されていた。最初の主要な反対運動の連中はイブランプールに戻ってきた。イブランプールの住民は仕事を離れ、ポルトガル軍と戦おうとした。しかし、彼らには武器がなかったため、ポルトガル軍は空砲で連中を脅かし、被害を与えることなく町の問題者を投獄することができた。イブランプールの北にあったアンコネム(Anconem)も同様の運命をたどっていた。 しかし、アローナ砦のすぐ北にあるタトラディンダムという小さな村の住民が、ポルトガル人がペルネムをマラータ軍に降伏させることを要求して砦に向かって行進したとき、小規模の戦いが起こった。ポルトガル人の代表者は村人たちと妥協することができず、自ら砦の中に入っていった。軍事基地の侵入に直面して、砦の司令官は民間人の数人を負傷させる裁量を持っていた。行き過ぎた軍隊は村人の大部分に致命的な傷を負わせたが、その傷の治療は間に合わなかった。デ・アルベケルクはこれを軍事基地を守るための有効な手段と見なし、非難はしなかった。 ビコリムでは、市の住民がメッロ(Mello)が保持していた官邸に群がり、虐殺の中止を要求した。物議をかもしたメッロは市の軍隊に外出禁止令を組織するよう指示した。この外出禁止令は、軍隊の密度が高いビコリムのすべての地域に拡大された。シリガオでの別の反乱により、ビコリム地方全体(ポルトガル人がまだ保持していた部分)が非常事態下に置かれた。ペルネムの東端もまた、軍事的な非常事態下に置かれた。 12月下旬、クリスマスが近づいてきた頃、バルデスのドラヴィドナで5人から10人のヒンドゥー教徒の小集団が、ゴアを解放してマラータ族に与えると主張して市内の家々に火を放った。 新年の初め、ポルトガル軍はマラータ軍の小部隊が支配していたマウリンゲムを攻撃した。攻撃は成功し、ポルトガル軍は最小限の死傷者で町を奪取した。しかし再び、何人かの民間人が反逆罪の容疑で逮捕された。ポルトガル軍はビコリムで失われた土地を取り戻すために前進したが、マラータ軍は降伏してゴアを離れた。だが、国境でさらに多くのマラータ軍が再集結したため、再侵略の可能性が出てきた。ゴア国内にマラータ軍が存在していたのはヴァタデオだけであった。 そこでも2ヶ月間の包囲は、マラータ支持者の間でさえも不安を引き起こし始めていた。

終結・条約[編集 | hide]

ヴァタデオでのマラータ軍にとっての最後の一撃は、食料品店への妨害行為の疑惑であった。マラータ軍は、唯一防衛していた町を餓死させる準備ができていなかったため、1641年1月下旬に降伏の白旗を掲げた。ポルトガル人は、町の外への自由な通行を許可したが、すぐにポルトガル人に武器を明け渡さなかった部隊を逮捕した。スリニヴァサン・ヴァサンタクラン(Slinivasan Vasantakulan)は、もしマラータ人がポルトガル人と戦うことを選択していたならば、栄養失調と士気の低下により敗北していただろうと推測している。ポルトガル人はまた、彼らがすぐに強化されていたので、町のマラータ人の数に勝るとも劣らなかった。 2月初旬、マラータ軍は再びイブランプールに入ったが、今回はポルトガルにメッセージを送り、マラータの捕虜の解放と、マラータの同調者であったとされる民間人に対する残虐行為の終結を交渉するよう求めた。シヴァジ自身がアルバカーキに謁見し、マラータ帝国とポルトガルの植民地ゴアとの間に存在する事実上の国境を受け入れ、それを王子国家間の国境として尊重するという条約を交渉するために、アルバカーキに謁見する権利を与えられた。 ポルトガル人も同様に、国境の北側ではいかなる拡張も行わないことを認めた。 このような条約を結んだ動機は多くあった。また、マラータ人は、以前の想定通りに迅速にゴアに押し込めるかどうか自信がなく、南で戦争を続けるよりも、当初の計画通りに南部の辺境を確保した方が良いと判断したのである。この条約により、マラータ帝国の国家間境界線の南部全域が条約により平和的に確保された。 ポルトガル人にとっては、ビコリムとペルネムでの蜂起が他の地域にも波及し、ますますマラータ族を助けることになるのではないかとの懸念が強くなった。また、事実上の国境付近にマラータ族が大量の援軍を増強していることも、ポルトガル人は強く認識していた。彼らは、一斉蜂起とマラータの侵攻が起きれば、ゴア北部の大部分がマラータの手に落ち、パンギムとヴァスコ・ダ・ガマ(ゴア)を脅かす可能性さえあることを恐れていた。 ゴア人の中には、マラータ帝国の拡大の一翼を担う機会を失ったことを不満に思い、条約によって失望した者もいた。しかし、ほとんどのゴア人は条約の交渉の仕方に満足しており、マラータ帝国とポルトガルのゴアが平和になれば不当な扱いを受けることはないと満足していた。この紛争はゴアの反乱を止めることはできなかったが、反乱は非常に限定された。また、この紛争が戦争として知られていないのは、マラータ帝国とポルトガル人が積極的に戦闘の準備をしていたにもかかわらず、どちらの側もお互いに公然と戦争状態にあることを宣言しなかったからであることにも注意しなければならない。

遺産[編集 | hide]

歴史的遺産

この記念碑的な平和条約と、マラータ帝国とポルトガルの間の信頼関係があったからこそ、マラータ帝国が最盛期を迎えても、ゴアの南にまで勢力を拡大することはなかったのである。このため、ポルトガルはゴアの支配を維持し、最終的には1961年にインドの一部となった。 現代のゴアは独自の政府と文化を持ち、インドの州としての自治を享受している。

一般文化では

紛争はかなり短く、死傷者や被害の影響は最小限にとどまった。そのため、映画製作者や作家の間ではあまり話題になっていない。フランク・マッカラスが1921年に書いたインドの反乱をテーマにしたフィクション本には、ビコリム戦争の出来事と顕著な類似点があった。また、ゴア人作家のビクター・ドゥーザが1958年に書いた「ゴアの生活」という本には、マラータ族に忠誠を誓った村に住むキリスト教徒の家族の話が書かれているが、これはおそらく紛争中の出来事に触発されたものだとされる。

出典[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「ビコリム戦争」の項目を執筆しています。
ウィキペディア無し small.png
ナニモノかが、ウィキペディアビコリム戦争を報筆しましたが、色々な理由により、削除されてしまいました。
 

この項目『ビコリム戦争』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ