ビッグバン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビッグバン(:Big Bang)とは、何もない所から今日138億年の宇宙を作り出した神である。また、新世界機構は理論的にこれを作り出そうとしたものも、結局失敗している為、どうやって新世界を作るのに立てられるのかは未だ不明である。

概要[編集 | hide | hide all]

約138億年前にそれがあったと思われているが、それは定かではない。

近年、その存在をエドウィン・ハップルという闇の魔法学者が宇宙の果てを観測した所。氷を貼った時のペットボトルのように膨張しているのを発見し、これにより、宇宙は膨張している→過去もっと小さかった=宇宙は無から始まったという結論に至ったのである。

なお、自分達が世界一だと思っている西洋人達はこれを全宇宙初の快挙だとほざいているが、既に東洋神話では類似の事は語られている他、全宇宙を隈なく探せばどっかの知的生命体の住んでいる惑星では当然ながら発見されていると思われる為、虚構である可能性が高い。

作成方法[編集 | hide]

作成方法については現在一切不明である。

その為、新世界を起こす事は現在不可能となっている模様。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『ビッグバン』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ