ビッグバン (2)

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・フォン・ノイマンが提唱した、から発生する数の大爆発の事である。

数オタクには、ツァールバンとよく呼ばれる

発生[編集 | hide | hide all]

[1]


と言う具合に、から突如発生する。

加法[編集 | hide]

定義[編集 | hide]

nの一つ次の数を

[2]

と定め、nの一つ前の数を、

[3]

と定める。

1+1を実際に計算してみる[編集 | hide]

脚注[編集 | hide]

  1. から始まっている。
  2. の等号が成立するのは、nを自然数とした場合である。
  3. 同様に、の部分の等号が成立するのは、nが自然数の場合である。要するにこの構成方法を自然数に適応した場合の例である。