フォーミュラ1

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フォーミュラ1(F1, Formula 1)とは、科学的にありえないモータースポーツである。

概要[編集 | hide | hide all]

現在のチャンピオンは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)で、次チャンピオンのチームは、アレな言葉に聞こえるチーム「フェラーリ」で、コースの途中に、高さ10mの岩盤の壁があり、そこを時速3024キロですり抜ける(壁をぶっ壊す)。あまりスピードが出ていないと、マシン自体がぶっ壊れて、死亡した例もある。マシンには、「ノロウイルスジェットエンジン」が付いており、そこから噴射されるノロウイルスの勢いで進む。所々に、ミズゴロウの人形人体模型インフルエンザウィルスの集まり等の障害物が置いてある。誰かが事故ると、「アンセーフティーカー」という、炎上していて、回りにノロウイルスを帯びている車が出て来て、とんでもんない動きをする。これは絶対事故る
以前は、日本人ドライバーも多数いたが、 現在は、ホウエン国ドライバーしかいない。日本人ドライバーが減った理由は別世界に引っ越したからだとみられている。

ドライバー[編集 | hide]

  • ドナルド・マクドナルド
  • ルイス・ハミルトン
  • マーカス・ゲリクソエリクソン
  • 全損バトン
  • 霧雨魔理沙ならぬ、フェリペ・マッサ
  • 小林可夢偉

関連記事[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは110日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。