フグ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独自
研究
この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここウソペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠であり、我が道を突き進まなければ登れない山もあるでしょう。 Walkingmonkey.jpg
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「フグ」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「フグ」の項目を執筆しています。

フグ(河豚、鰒など表記多数)は、フグ目フグ科に属する魚の総称。

概要[編集 | hide | hide all]

丸々とした愛らしい見た目と、そこからは想像も出来ない美味しさで、お茶の間から絶大な支持を得る魚[1]

クエと並ぶ高級魚の代表格で、クエが「食え!」と消費者心理を煽るのに対し、フグは縁起を担ぐために「ふく」と表記されることもある。

鋭いを持っていることから、ヤクザが指を詰める際にしばしば用いられる。その使用頻度はスッポンと同じくらいとされる[どれくらいだ]

さかなクン頭に乗っていることでも有名だが、実際はフグが本体であって、さかなクンは依り代に過ぎないということはあまり知られていない。

強いを含有していて、食す際には注意が必要とされているが、これ自体がであるとする説もある(後述)。

[編集 | hide]

フグの内臓血液、皮膚や筋肉には、テトロドトキシンなどの猛毒が含まれるといわれ、特殊な免許を持った者でないと捌いてはいけないとされている。しかし、それは全くのである。実際は、フグの肝は最高級の珍味であるため、庶民がうっかり味をしめると困ることからと、グルメな金持ち連中がそれを独占しようとして流布した都市伝説である[要出典]

一部の釣り好きはこの事実を把握しているため、自らフグを釣っては無免許で捌き、肝の味を堪能しようとするが、そのような連中は決まって毒殺される。

金持ち連中は必死に秘匿しようとし、食べようとした庶民は次々に死んでいくため、未だにフグの肝の味を記した文献は存在せず、「一口食べただけで天にも昇るような美味しさである」という噂だけが一人歩きしているのが現状である。

また、毒殺された哀れな被害者の断末魔が「ふぐっ!!」であったことから、「フグ」という名前が付いたという説すら存在する[要出典]

呼び名[編集 | hide]

関西地方では、フグのことを「てっぽう」と呼ぶ。これは「あたる(食中毒になる)と必ず死ぬ」ことが由来とされているが、実際は被害者が銃殺されたことを示すメッセージなのではないかと言われている。

また、長崎県の島原地方においては「がんば」と呼ばれる。これは「食おうとすれば死ぬかもしれないけど、まあせいぜい頑張れガンバ」という、偉大なる先人[2]からのメッセージなのではないかとする説がある。

脚注[編集 | hide]

  1. とはいえ、お茶の間で簡単に食べられるほどフグは身近な存在ではない。アイドルと同じく、遠い存在だからこそ愛されるのである。
  2. もちろん故人である。

関連項目[編集 | hide]