パリピ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
フランス人から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
お知らせ:本記事は「CC BY-SA 4.0 」が適用されます。デフォルトの「CC-BY-NC」ではありませんのでご注意ください。
なお、画像や音声等のファイル、外部読み込みコンテンツなどの「読み込み物」は、このタグからは対象外です。

パリピとは「:Paris People、パリ人」を略した言葉であり、和製英語の「Party Peoples」をかけた俗語。直訳は「パリの人々、又は、パーティーの人々」であるが、プライドが高いくせに知性に欠けた人々を指す蔑称である。

概要[編集 | hide | hide all]

一般的なパリピ。このように、パリピは結構有名。
「パリピって無駄にプライド高くて鼻につくよね」
パリピ について、童貞メガネ男子
「パリはおフランスざます。ですからしてパリピは素晴らしいざますのよ~」
パリピ について、骨川スネ夫ママ

西洋諸国において、広大な国土と温暖な環境に恵まれるフランスの首都であるパリは、古くから商業・工業の一大中心地を担ってきた。フランス出身の皇帝「ナポレオン・ボナパルト」や、マリー・アントワネットなど歴史的に有名な人物が数多く輩出されている。

そのため多くのフランス人は、そういった歴史的な偉人の威をかさに着て、虎の威を借る狐のごとく高飛車な振る舞いをすることが知られている。[要出典]

最近はプライドが高いのに知性薄弱な人物が数名から数十名立ち寄って、ウェーイボンジョーなどと奇声を発しあう集会が度々繰り広げられており、その参加者を「パリの人々と、パーティーの人々」とを合成した俗語で「パリピ」と呼ぶようになった。

パリピの特徴[編集 | hide]

パリピには、以下のような特徴がみられる。

  1. 無駄にプライドが高く「人生は一度きりだから、今日を楽しんで生きることにプライドを持っている」などとのたまう
  2. プライドの高さのくせ割に知性に乏しく「ウェーイ」だとか「シルブプレ」などと奇声を発する
  3. 感情が高まってか知らないが、ひたすらに巻き舌で「ッル゛ァ」だとか「ブシュィ」だとか、よく分からない言葉を発する
  4. 酒が好きで朝から晩まで飲んでいる。ワインも飲むし、ビールも飲む。しかし、日本酒は苦手。

関連事項[編集 | hide]

この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?
Jawpno.png
この項目パリピは、ウィキペディアには存在しませんので、どうぞパリピを執筆してあげてください。