ボォェェェェ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボォェェェェとは、開拓たんに恋をする、心の透き通った少年の片想いが心の声となって溢れてきた名言[1]である。

概要

ヌヴォラトーク / 投稿記録君という純真無垢な少年がいた。彼は開拓たんをみて、一目惚れした。

ヌヴォラ君はこの姿に見惚れたに違いない。

彼は開拓たんに恋心を抱くようになった。

しかし、うまく声に出して、開拓たんに伝えることができない。

彼は決心した。 ウソペディア:管理者伝言板に赴き、ラブレターを書くことにした。

しかしここで彼にピンチが訪れる。ここまで来て書き方がわからない。なんて綴れば良いのか、さっぱりわからない。

仕方なく、彼は素直に伝えず、逆に彼女をからかうことにしたのだ。それしか、できなかったのである。

書き方がわからなかった彼は、焦って読点を多めに付けてしまった。からかうことしかできない今、素直に伝えることができない。彼女をからかう文字を大きくした。

しかし、書くにつれ、不安になってきた。アカウント作成から日が浅い自分に、開拓たんが振り向いてくれるかと。。。

そして、彼の感情は爆発した。素直に思いを伝えられないもどかしさが、彼を揺さぶった。

そして彼は、切ない心の叫びを書いた。それが、あの伝説のボォェェェェである。

大きな誤算

彼はラブレターを書くとき、大きな失敗をしてしまった。

彼は、開拓たんをからかうだけでなく、周りの利用者までもからかったのである。

そのせいで、二人の利用者が彼のラブレターに落書き(反論)してしまった。

結局、彼が書いたラブレターは、別の悪条件と重なってしまいヌヴォラ君のアカウントがグローバルロック&無期限ブロックされるのと同時に、焼却させられてしまった。

それだけではない。彼の心の叫びであるボォェェェェは、とある利用者によって迷言録に保存されてしまい、終いにはこんな記事やこんなテンプレートまで作られてしまった。

 

しかし、彼は忘れない。開拓たんのことを。ずっと。。。

 

ずっと。。。。。。


ボォェェェェ!

脚注

  1. 迷言ではないかと指摘する利用者もいる。

関連項目

この項目「ボォェェェェ」は、初版投稿者であるボォェェェェクールトレイン777ボォェェェェ!!!によって先編集権がガチでつよく主張されています。基本的には編集できますが、気に食わなければ差し戻しされるかもしれません。どうしても自分勝手に記事を投下したい場合はボォェェェェ (2)のようにフォークを立てて、あとは適当にボォェェェェ