ポリゴン (ポケモン)

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポリゴンは、巨大化して、電脳空間を飛び回ることができるポケモンの一種。

概要[編集 | hide | hide all]

ポリゴンは、最高の科学力を使い、人工的につくられたポケモンである。ペットにもされている。宇宙開発にも役立っている。一部のバカによって、ミミッキュの正体は、このポリゴンだと噂されている[1]が、そんなことはない。

[編集 | hide]

  • ポリゴンショック
    • ノーマルタイプの特殊ワザ。強い光を放ち、相手をひるませる。

その他、トライアタックとか言う名前のワザがあった気がしないでもないが、認知度はお察し下さい

ポリゴン出演禁止[編集 | hide]

1997年に放映された、ポケットモンスター38話「電脳戦士ポリゴン」を観た子供たちが倒れる、という事件が発生した。問題のシーンは、6時51分35秒のピカチュウが電撃でミサイルを破壊するシーンである。このシーンでは、赤と青の光が一秒以上にわたってフラッシュした。この影響で、部屋を暗くして近くで見ていた子供たちが痙攣を起こしてしまったのである。その結果、ポリゴン、ポリゴン2、ポリゴンZがテレビ版、映画版ともに出演禁止になった。ポリゴンを消し去りたいのか、ウィキペディアなどではポケモンショックと言われている。

だが、よく考えて欲しい。ポケモンショックの原因はポリゴンではなくピカチュウであることに気がついただろうか。真犯人であるピカチュウは主役級であるため降ろすに降ろせず、ポリゴンに罪を被せたのである。酷い話である。ポリゴンは悪くないのに! ポリゴンに謝れぇぇぇぇぇっ!!!

脚注[編集 | hide]

  1. まさか。中身を見たら原因不明の病にかかって倒れてしまうからって、まさか…。

関連項目[編集 | hide]