マキシムトマト

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マキシムトマト:Maxim tomato)は、ナス科ナス属の植物であるトマトの一種。

概要[編集 | hide | hide all]

プププランドの固有種。果実の真ん中に大きく「M」という模様がついているのが特徴で、これは正真正銘のマキシムトマトであると認められたものにのみ与えられるマークであり、農協が一つ一つ選別してから付けている[要出典]

その見た目は綺麗な左右対称で、とてもボリューム感がある。プププランドに詳しい桜井政博によれば、「白黒でもおいしげに見え」るとのこと[1]。一般的なトマトと異なり、芯が星型になっているため、断面を見ることでも判別が可能である。

トマト類の中でも極めて栄養価が高いことで知られ、一つ食べるだけで体力が全快すると言われている。そのことから、「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉に登場するトマトはマキシムトマトであるとする説もある[要出典]

名称[編集 | hide]

このトマトの名前は「マキシムトマト」であるが、しばしば「マシムトマト」とか「マキシムトマト」と誤記される。もしうっかりこのような表記をしてしまえば、「マキシムトマト警察」なる組織にたちまちしょっ引かれてしまうため、注意が必要である[2]

脚注[編集 | hide]

  1. Twitterより。
  2. 彼らはエムブレム警察と兼任している場合が大半であり、啓発ポスターを作るなどして、日々正式名称を普及させるために活動している。

関連項目[編集 | hide]