マンホール

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「マンホール」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「マンホール」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。

マンホール(manhole)とは、点検や排気などを目的として出入り可能なように女性の身体に開けられた縦穴の事である。

概要[編集 | hide | hide all]

manholeとは人(man[1])と穴(hole)を組み合わせたものであり、日本語での語源もそれに由来する。

異物流入や内部破損を防ぐ為開口部は両側から閉じる形式になっており、点検時には専用の器具を用いて開口状態を維持する必要がある。開口の有無を問わずマンホールの形や色合いを愛好するマニアも多く、写真や映像が数多く見られる。ただしマニアが勝手に入ったりするのを防ぐ為にマンホール自体が基本的にを被せているケースが殆ど。しかしその蓋自体にも愛好家がいるとも言われている。

内部は粘液質な面が多く、ガスや滓などが溜まりやすい為不用意に中へはいると酸欠や中毒の恐れがある。また内部貯留物が逆流するのを防ぐ必要もあり、月一度[2]のペースで中蓋吸着剤を使用する場合がある。他に大量の水が流れ込むなどすると圧力が高まり一点から吹き出したり全体から粘りけのある液体となってしみだしたりもする為小まめなメンテナンスが必要である。

脚注[編集 | hide]

  1. manは男性を意味する場合もあるが、この場合性別を意識しない。またカリフォルニア州サクラメントでは、1990年代以降やおい穴も含めて「メンテナンスホール」と呼称されている。
  2. 主に八歳以降六十歳未満の女性に多く見られる。

関連項目[編集 | hide]

この記事はエロすぎます

この記事は、18歳未満には有害かもしれません。どうしても見たい方は、部屋を明るくして、家族から離れて、親に見つからないようにして見ましょう。
why? ウソペディアではこんなバカ検閲を行っていませんから。