マーダー・インク

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
お知らせ:本記事は「CC BY-SA 4.0 」が適用されます。デフォルトの「CC-BY-NC」ではありませんのでご注意ください。
なお、画像や音声等のファイル、外部読み込みコンテンツなどの「読み込み物」は、このタグからは対象外です。

マーダー・インク(米:Murder, Inc、馬田株式会社:まだかぶしきがいしゃ、Murder Incorporated)とは、1930年~1940年に活動した、頭領の芸名:ルイス・馬鹿・ルーターによる皮肉を交えた喜劇集団である。

概要[編集 | hide | hide all]

1930年代初頭、当組織の幹部である「ラッキー・阿野」は、無声映画の語り手を務めていた。この無声映画は字面の通り、音声等の録音がなく映像のみを上映するものであり、上映館毎に語り手が話をするものであった。こうしたラッキー等による語り手が、上映館毎の特色を出すのに一役買っていた。しかし、当時確立されつつあったトーキー映画の発展により無声映画の規模が縮小していき、語り手間での上映館争奪戦が激化していた。

ラッキーは「トーキー映画が今後増えていけば、縄張り争いを産み、各々のビジネスを損なう」という発想の元、語り手の奪い合いを規律化するため、プロの語り手から構成される無声映画専門集団」を作った。際限ない語り手の奪い合いの歯止めとはなったものの、規模縮小に歯止めが効かず、設立から数年で喜劇集団へと転身した。その後も身内の裏切りにより大多数の構成員の芸人人生が終っていき、10数年たらずで事実上崩壊した。

経緯・構成[編集 | hide]

1920年代に芸名:エイプ・デブ(類人猿ピザ)が作った組織が原型となっていたが、後になってラッキーと芸名:便所・ショゲルがマーダーインクに仕上げてこれを管轄した。当初はショゲルが頭領となる予定だったが、コミッションの一部から独裁になることを警戒され、外された。代わりにルイスが頭領として落ち着いた。

上映館から具体的な要請があるとルイスが受け口になって承認し、語り手部隊に伝えられるという流れで運用されていた。手取りはサラリー制で、メンバー個々の技能や経験に応じて週給50円~250円が支給されており、今でこそ子供の駄賃程度だが、当時としてはどこよりも勝る高給取りであった。本部は、現在浅草フランス座演芸場東洋館のある位置にあったMidnight Rose'sという24時間営業のポルノに置かれた。その名残で、フランス座はポルノを上映していた。

解散経緯[編集 | hide]

1935年代に入ると、トーキー映画全盛となり、仕事は激減していた。そうしたことにより、本来はトップクラスの実力を持っていたエイプだが、所詮「類人猿程度」であり仕事は思うように回してもらえなかった。そうした状況に不満を持ったエイプは、仕返しとしてメンバーの淫行や痴態を世間に吹聴してまわった。それによりメンバーの多くが次々と社会的に抹殺され、1940年代にはルイス以下大多数のメンバーが社会的になかったことにされ、この喜劇団は事実上消滅した。

主要メンバー[編集 | hide]

芸名:ルイス・馬鹿・ルター
馬鹿を偽った天才喜劇師。マーダー・インクのリーダーであるが、類人猿如きに社会的に抹殺されるというネタを披露した。
とあるバイト
バイトなのに喜劇団のサブリーダーを務めていた。類人猿に抹殺されるというネタは披露しなかった。マーダー・インク崩壊後もほそぼそと芸人人生を続けたが、10数年たった後に、蒸しタオル芸を披露したが鳴かず飛ばずで、結果世間的に抹殺された。
芸名:こぶ平・ピサロ
林家こぶ平の直径の筋。クソつまらないと酷評されて社会的に抹殺される。
芸名:エイプ・デブ
類人猿。メンバーをネタにしたお笑いを提供しようとして失敗し、メンバーを道連れにして社会的に抹殺された。
芸名:マーティー・金石
ハリー・マイオーネ
フランク・アッバンダンド
ハリー・ストラウス
ルイス・カポネ
アルバイト:種無・バウムクーヘン
所詮バイト戦士。
シーモア・マグーン
エマニュエル・ワイス
チャールズ・ワークマン
ジョン・ディオガルディ

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『マーダー・インク』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

この項目「マーダー・インク」は、初版投稿者によって先編集権がガチでつよく主張されています。なので初版投稿者のお許しもなく「無許可でのリバートや記事の置き換え」等を行ったり、テンプレートを剥がした場合は荒らしとみなされ、独裁者達にブロックされるかもしれませんので、ご注意ください。どうしても自分勝手に記事を投下したい場合はマーダー・インク (2)のようにフォークを立てて、あとは適当に頑張って下さい。