メットライフ生命保険

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「メットライフ生命保険」の項目を執筆しています。

メットライフ生命保険(-いたずらでんわほけん)とは、日本で最もいたずら電話をかけられる保険業者であり、逆に契約客に対しても業者側がいたずら電話をかけるという形をとって、相互のいたずら電話で構成される生命保険会社である。

概要[編集 | hide | hide all]

メットライフ生命保険(以下メットライフと略す)は今は、美しい国最大の美しい保険会社の傘下となっているが、元々、アメリカでも汚ならしい対応と契約詐欺で名高い米アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニーの傘下のアメリカン・ライフ・インシュアランス・ジャパン・カンパニー(以下アリコと略す)という悪徳企業により運営されていた。元々、この覚えやすい電話番号も勧誘後いたずら電話で切るというぼったくりの為であったが、1970年代頃より徐々にこれらの傾向が改善し、テレビCMも深夜から日中に移っていった。2000年頃は提供番組のGW進出に伴い、会社側からして誠に嬉しいことに、毎日のようにいたずら電話がかってくるようになった。

しかし、2005年頃から日米共に不祥事が相次ぎ、2011年4月にはこの体制に呆れた米軍の要請により米アリコはついに美しい保険会社の傘下となった。日本のアリコでもメットライフアリコを通称にし、国内でも信者契約者の間で大幅な混乱が起こり、2ちゃんねるにおいてもこれに関連した祭りが行われるなど大変な騒ぎになった。なお、この時もまだ運営会社はアメリカン・ライフ・インシュアランス・ジャパン・カンパニーのままである。だが、翌年この社名が混乱を招くとして新会社メットライフアリコを設立した。以降事業は新会社に引き継がれたが、会社自体は存続した。

その後、結局アリコはメットライフに吸収され、日本法人もこれに伴い、2014年7月からは現社名に改称している。なお、メットライフ傘下となって以後も、未だにアリコいたずら電話商法を続けている。

日本におけるメットライフの関連団体[編集 | hide]

メットライフ生命保険には、以下の関連会社が存在する。なお、これらの関連会社は、アリコが一切関わっておらず上記のアリコ商法も行っていないので実質的に本法人よりも美しい会社だと思われる。

日本帝都生命保険会社→日本メットライフ生命保険会社
戦前から20年程前までのメットライフの日本法人。1881(明治14)年上陸、その後戦時中の事業休止を含みながら戦後に復帰、戦後すぐの頃からはGHQ 連合国軍帰宅部による過敏な宣伝により大幅に知名度を増し、1963(昭和38)年社名を日本帝都生命保険会社という硬い名前から日本メットライフ生命保険会社に変更し、最後まで程々の勢力があったが、1994(平成6)年、あっけなく倒産。
三井住友海上メットライフ生命保険会社
2005年に当時大赤字であった美しい国の某銀行の保険部門を独立して誕生。しかし、MS&ADを傘下にして合併した事でほどなく消滅。
メットライフダイレクト株式会社
商品開発、商品ポジショニング、キャンペーンの計画、実施、分析など、あらゆることを八百科事典のように調べ上げる保険商品に関するダイレクトマーケティングサービスを国内で提供している。やはり、こちらも旧某銀行の会社である。今、この会社以外にこのアリコ商法を使用するメットライフに対抗できるメットライフなどない。

イメージキャラクター[編集 | hide]

イメージキャラクターはあのハゲ少年に飼われているビーグルスヌーピーである。

また、CMや資料においてロゴにほとんどスヌーピーを蛇足として付け足す為、中の人は蛇足病であると思われる

 

この項目『メットライフ生命保険』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ