ヤツデ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。
エンペディア的
Enpedia.png この記事はうろ覚えと独自研究で書かれたエンペディア的な記事です。事実の記載は曖昧模糊としている割に、ユーモアの成分も、ウソの才能も足りていません[要出典?]。どうか、ウィキペディア[ソース求む!]などを参考にして、内容を膨らませてください。彼らが我々のウソの才能をたたえ続けられるようにするためです。お願いしましたよ。

ヤツデ(やつで)とはウコギ科ヤツデ属の常緑低木。ヤツデのクセに裂片が9つある。裂片は個体によって違う事もある。エンペディアでは象徴とされている。

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「ヤツデ」の項目を執筆しています。
Enpedia.png
ウィキペディアの項目が居苦しいと感じ始めたユーモア欠落症患者の為にヤツデ感染症のエンペディアン達が「ヤツデ」の項目を執筆しています。

概要[編集 | hide | hide all]

ヤツデはエンペディアの象徴にされている。

ヤツデはエンペディアでのロゴに採用されており、エンペディアのヤツデのロゴはミヤコ様と呼ばれているらしい[1]。 むやみに触るとヤツデ菌に感染し、ヤツデ感染症を発症する。ミヤコ様から離れられない(個人差による)、ユーモア欠落症(これも個人差による)等の症状があり、ヤツデの亜種の植物は大半がヤツデ感染症にかかる[要出典]。ヤツデ属の種類にあたる小笠原諸島に生息するムニンヤツデ、外来種のタイワンヤツデにはヤツデ菌が生息していない事から、ヤツデ菌は本来のヤツデにしか生息できない事が判明した。しかし、そのヤツデにもヤツデ菌が生息していない個体も存在し、観賞用として重宝されている。ヤツデ菌が生息していない個体は、ヤツデを守る会によって保護されている。更には感染していないヤツデの果実を生産、販売を行う組合、ヤツデ農業組合も設立され、ヤツデを守る会と業務提携を行っている。

商品[編集 | hide]

ヤツデは昔、蛆殺しとしても利用されていた。これはヤツデの葉に見られるヤツデサポニンが蛆を殺す効果があり、このヤツデサポニンを配合した殺虫剤、ウジコロリンが株式会社のび太消毒社から製造、販売された。キャッチコピーは「嫌いな蝿蛆コロッと。」そしてこれが大成功を及ぼし日本、のび太国が1週間の間ウジコロリンブームとなった。そして世界にも販売されこれが更にバカ売れし、販売1周年後世界で(日本、のび太国含め)632億本売れる事となり、今でも主婦を中心に沢山売れている。のび太消毒社は新たにヤツデ菌を除去する散布薬を販売し、ヤツデ菌の撲滅を行っていたが、エンメディア財団から訴訟されヤツデ菌のある個体の一部を残すという事で和解した。ヤツデの葉はお風呂に入れるとリマウチ効果があり、この事を利用し入浴剤が桶屋が製造、販売され、こちらもバカ売れしている。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『ヤツデ』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

  1. 因みにミヤコ様は2で割れる数、偶数が大嫌いらしい。