二十一世紀梨

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二十一世紀梨(にじゅういっせいきなし)とは、1996年ホウエン地方で発見された新型のである。また、誕生の経緯は諸説あるが、一説によればふなっしーの君臨が関係しているという説がある。

発見から浸透まで[編集 | hide | hide all]

1996年5月頃、当時4歳のハルカ氏がミシロタウン郊外の山林で発見した。当初ミシロタウンのみで食べられており、そこの人々は二十一世紀梨はミズゴロウ神が授けた神授けの梨と呼び、1999年頃には全国的に爆発的ヒットを遂げ、2001年には海外進出した。

なお、発見はホウエン地方であるが現在の主要産地はのび太国である。

名称[編集 | hide]

名称は、あまりにも美味すぎて食べたものは神が授けた梨とも言われるようになったのだから21世紀には20世紀梨を越して凄い売れる梨になるようにという願いと20世紀梨に対抗する意味で命名された。