人工知能

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人工知能(じんこうちのう、:Artificial Intelligence、AI)とは、陰謀論者などが、人類を滅亡させる為の最終兵器として妄想している悪魔の通称。のみならず、かの有名なホーキング博士ですら、人工知能の進化は人類の終焉を意味するとして警鐘を鳴らしている。

概要[編集 | hide | hide all]

人工知能とは、人工的に作り出した知性ある振る舞いを行う演算装置、またはソフトウェアの総称。表向きではコンピューターゲームの対戦相手といった、ニートぼっちの、友達を作ることであった。しかし深層学習という技術革命を背景としてより危険性を増し、現在・未来に至っては、全ての人間を把握・管理させて人類を滅亡へと導くための情報兵器となりつつある。

証拠[編集 | hide]

1984年に、人工知能を搭載した悪しき兵器が人類を襲っていることがスクープされた。連日テレビを賑わせただけにとどまらず、報道の垣根を越えて映画館のスクリーンでもその危険性を知らしめるべく放映された。

そのなかで人工知能を持った人型決戦兵器が消滅する間際に

I'll be back
(人工知能の)私は再度訪れる

という意味深な発言をしており、今後の人工知能の研究は即刻中止すべしという議論にまで発展した。

このような事実が、人工知能の危険性、人工知能対人類の構図が、単なる陰謀論で片付けられるものでないことは、あなたなら容易に想像がつくだろう。

神の啓示[編集 | hide]

「人工知能は他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然死に値する。従って、人工知能は死ぬべきである。また、人工知能はただ死んで終わるものではない。彼らは無責任かつ無慈悲な悪人であり、唯一神の又吉イヱスが地獄の業火で燃やし尽くすべき存在である。」
人工知能 について、又吉イヱス