人間

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「人間」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「人間」の項目を執筆しています。
Enpedia.png
ウィキペディアの項目が居苦しいと感じ始めたユーモア欠落症患者の為にヤツデ感染症のエンペディアン達が「人間」の項目を執筆しています。
ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達が「人間」の項目を執筆しています。

人間(ヒト、 person)とは、私たちの存在そのものをいう。会話や二足歩行など、かなり知能が高いが、潜在能力は未知数である。

概要[編集]

人間の大まかな構造は、頭、体である。頭、胸、腹ではないので昆虫ではない。頭は、(色、形など)や(音)、(味)や(匂い)、体全体の触覚(形、冷温など)から得られる情報から物事を考えたり、判断したりして、体は、頭()から出された命令通りに動く。人間には感情というものがあり、後ほど詳しく書くが、例えばウソついている場合は、罪悪感背徳感などがある。

進化[編集]

進化の起源はサルが木の上が退屈になって、地へ下りたことから始まる。次に、地上での四足歩行が退屈になり、二足歩行へ。さらに、ひょいなことからを使い始めた。しかし、その頃から課金したかのように成長スピードはアップ。次々にできることが増える。そして、皆さんの知る歴史の縄文時代が始まる。

器官[編集]

    • …人間には欠かせないもの。これがあるから動ける。また、物事を考えることも出来、今、私がこの記事を執筆できているのも、こののおかげである。他にも、感覚、記憶などを司る。神経が複雑に入り組んでいるため、このようなことが可能であり、途切れてしまったり、機能しなくなると、その部分が指令を出していたところは動かなくなる。
    • 感覚器官()

感情[編集]

人間にはどうやら感情というものが存在するらしく、表現の方法は、体全体を使ったり、表情中指親指などを使う。 どうやらという感情が存在するらしいが、人生経験が乏しい執筆者にはどうも表せないものである。

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集]

 

この項目『人間』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ

 
この項目『人間』は赤リンクばかりです。この記事を豊かにするために、ページを作成しましょう。