仮病

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。

仮病(:Pretense)とは会社や学校など制約された空間に行くことを拒絶しようとする病のことである。[1]

概要[編集 | hide | hide all]

感染のメカニズムとしては日頃の上司の愚痴や仕事で弱った心に仮病ウイルス(後述)が侵入することで発症する。人間とは古くから自分の心の中に潜む悪魔がいたとされている。この悪魔が仮病を引き起こす原因である「ダ・ルイーナウイルス(≒仮病ウイルス)」の原型だといわれている。このウイルスは日頃のストレスによって生み出され大気中に放出されている。[要出典]人は古来より自分に不都合なことや関わりたくないことを回避し、自分ハッピーにしようとする自己中心的な動物的私欲本能が備わっている。そのため自分の身に危険が迫った時には護衛抗体「良心」が弱くなり、地球に蔓延し人間が常時自ら出している前述のウイルスに感染する。[2]近年、人類が年間で仮病を発病する件数は把握しきれなくなってきており、仮病を超えて虚偽性障害者が増えたとも、世界中でハラスメントが多いからだともいわれている。世界中の自宅警備員は仮病に感染し、そのまま社会復帰できなくなって定職化した事例がほとんどのため悪化すると危険である。

症状[編集 | hide]

感染した人には次のような症状があるとされる。例えば激しいめまいが感じる気がしたり、高熱があるようにフラフラするなど他の病気の症状を模倣した症状の幻覚を見させ、感染した者の口を達者にする症状がある。また、本来この病気は熱、頭痛、腹痛、歯痛などは一切発症しないことが確認されているため[不要出典]適度な演技力が出るとされる。さらに一定のものへの参加を徹底的に拒み寄せ付けないようになる。ただ、この病気はほとんどは一日で回復するため感染した場合もしっかり欠席記録はつけられる。

予防[編集 | hide]

この病気は弱った心を持つ人間に感染するため、対策方法としてはメンタルの強化や心を弱らせないための職場改善などが求められる。具体的には生産性のない会議を開かないことや上司が怒らないことが大切である。職場全体で仮病にかかりにくい雰囲気を作ることが大切である。

脚注[編集 | hide]

  1. 家庭で一定の疲労を伴う仕事を課せられる可能性が高いときなどにも発症する。
  2. 感染しない人種も確認されている。鈍感な人種もしくはクソマジメである。