休眠会社

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

休眠会社とは、24時間働かないで会社に出勤できる超ホワイト企業のことである。

概要[編集 | hide | hide all]

とあるブラック企業社畜はブラック企業に勤めており、社畜は、元旦しか自宅に帰れないことに不満を持っていたが、社長や上司は「定年になるまで辞めさせない。」と脅していたので社畜は社長や上司に内心を伝える事ができなかったが、働いているブラック企業の問題が浮上し、そのブラック企業が倒産。そしてブラック企業の経営権を元社畜が取得した。そして社畜は、「超ホワイト企業にしよう!」と考え、休眠会社を考案する。そして、これを真似する会社が増え、休眠会社の数はおよそ8万8000社にも上っている。 休眠会社は本来、事業が行われていない会社のこと指すが、こちらでの休眠会社では、24時間働かないで会社に出勤できる会社のことを指す。休眠会社は働く人がいなく、事業も行っていないため大赤字を垂れ流しているが誰も気にしない。

特徴[編集 | hide]

休眠会社は中小企業に多く、有名な会社では、World Independent Netwoks Japan株式会社が休眠会社を採用している。 休眠会社はよく株式額面変更の際に使われたり、商業登記を無断に変更し闇金融出会い系業者などの違法・脱法行為を行ったりする。ペーパーカンパニーとはほとんど事業が行われていない事が共通するが休眠会社は紙ではできていない。 休眠会社は事業を行わない会社なのでほとんどが赤字を出している。更には倒産する企業も存在しており問題化されている。対策として、事業を持つ会社を買収、設立し、子会社にする事で赤字は出さなくなる例がある。一部の子会社の内容が自宅警備員であり、あまり売上は伸びていない。

もう1つの意味[編集 | hide]

もう1つの意味として、休眠会社は永遠に眠っている会社でもあり、別名としてスリープカンパニー、デスカンパニーと呼ばれる。全ての社員がもうすでに亡くなっている人、転生した人で構成されている。