佐野研二郎

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐野研二郎(さのけんじろう、愛称:オボケン、ヒゲダルマ、Mrオールフリー、トートバック佐野、パクリ男、盗作人 1972年7月29日~)とは、日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター、クリエイティブディレクター、多摩美術大学教授であり、そしてなによりも、日本を代表するパクリエーターである。

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「佐野研二郎」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「佐野研二郎」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

来歴[編集 | hide | hide all]

父親は内科医、兄はキャリア官僚、妻は博報堂時代の同僚。永井一史(父は東京五輪エンブレム審査委員代表をつとめた永井一正)は多摩美術大学の教授仲間であり、同じく審査委員の長嶋りかこは博報堂時代の元部下。

高校生時代は代ゼミの造形学校に通う単なる芸術家気取りの落ちこぼれで、このころより盗作家の志望を抱いていた。その後、親の多大な財力により多摩美術大学グラフィックデザイン科に入学、コネで博報堂に入社。在籍中に大貫卓也や、佐藤可士和などとのコネを築き、2008年1月11日に「MR_DESIGN」を設立し独立。さらにコネで多摩美術大学美術学部総合デザイン学科教授に就任。

近年は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムを作成し、パクリエーターとしての実力を見せた。