刃渡り

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

刃渡り(はわたり)は、その刃物類がどれだけ人に危害を加えるのに適しているかを示す長さ。単位はcm(センチメートル)。刃物によって最も適する長さは変わってくる。

概要[編集 | hide | hide all]

そもそも刃渡りは刃物類において、通常の用途で使用できる長さ(切れる部分の長さ)のことである。元々は、日本刀に対して使用される用語であり、刃先の先端と、根元を一直線に結んだときの最短距離のことをいう。

刃渡りと殺傷能力[編集 | hide]

刃渡りは長ければ長いほど殺傷能力が高くなる。これは、体の奥深くにある内臓に直接ダメージを与え、機能ごとダメにすることができるためである。また、短いと、多少の怪我レベルの切り傷しか施せないため、ある程度の長さがあるものの方が殺傷能力としては高くなってくる。

一般的な刃渡り[編集 | hide]

  • 日本刀 - 70cm程度。日本刀は若干反っており、相手に対して垂直ではなく斜めに使うことが多いため、比較的長めになっている。
  • 薙刀 - 40cm程度。しかし、柄の部分が長いため、全体の長さは1m30cm程度といわれている。これ以上長くすると、機動力に劣り、殺傷能力が低下する。
  • - 同じく40cm程度。全体は1m程度であり、刃渡りと全長の比が2対5であるため、機動力はピカイチ。
  • 包丁 - 20cm程度。他のものと比較しても、刃渡りの占める長さの割合が多い。
 

この項目『刃渡り』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ