利用者:クールトレイン777/サンドボックスⅡ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
事実を書きすぎな記事
この記事は嘘やユーモアも含まれてはいますが、9.9999999999割方は事実を書いています。
ユーモアを付け足してくれる方を募集しています。

ビルを燃やせ!熱盛!明石市!!明石海峡大橋の明石市!子育てに優しい町明(ryとは、摩訶不思議の一言で尽きる兵庫県南部の市である。

ビルを燃やせ!熱盛!明石市!![編集 | hide | hide all]

「火付けて捕まってこいおまえ。燃やしてしまえ。損害賠償を個人で負え!」
国道2号線の拡幅工事が進まない事 について、泉房穂
「何しとってん7年間。おまえら1人ずつ1千万円出せ。自分の家売れ。その金ではろたれ!」
国道2号線の拡幅工事が進まない事 について、泉房穂
「ずっと座り込んで頭下げて1週間以内に(合意を)取ってこい!」
国道2号線の拡幅工事が進まない事 について、泉房穂
「責任取ってもらう。辞表出しても許さん!!」
国道2号線の拡幅工事が進まない事 について、泉房穂

とりあえずQのみ。

明石海峡大橋へようこそ![編集 | hide]

とりあえず箇条書き。

明石海峡大橋は「明石海峡」という名前故明石市にあると勘違いする人間も多い。しかし、これは間違いである。明石海峡大橋は明石市に存在しないのである。明石海峡大橋はお隣神戸市に存在しており、明石市には微塵も関係ないのである。疑うならコレを見ろ。

それにも関わらず、明石市はステッカーやら広報誌やらに明石海峡大橋の写真を使って大々的にアピール[1]し、何も知らない観光客を騙し続けているのである。酷い話である。

ホームページでは流石に橋を自分たちの物とは言えないので、「あかしのたからもの」として明石海峡大橋の景観を挙げている。(明石市にとって)虚しいことである。

明石市に明石海峡大橋はございません。
 

パパタコ乗っ取り[編集 | hide]

パパタコとは、現在ら明石市の公式キャラクターであるが、もとは本州と淡路島を結んでいたフェリー「たこフェリー」のキャラクターであった。

しかし、たこフェリーは明石海峡大橋の建設による乗客減により倒産し、パパタコは「解雇」となった。

その後使い手がいなくなったパパタコをデザイン費用をケチりたい明石市が奪取し、同市のキャラクターとして「雇用」される事となった。

今ではフリーWi-Fiの案内ステッカーにて、生みの親であるたこフェリーを滅ぼした明石海峡大橋を背景に笑っている。

ファイル:Akashi2-FreeWiFi.png
フェリーを滅ぼした橋を背景にニコリ。皮肉なものである。

脚注[編集 | hide]

  1. 背景写真の場合、直接言及せずごまかしているが、観光客に与えるイメージ・先入観は大きい。