利用者:クールトレイン777/サンドボックスⅣ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多分(たぶん)とは、多分日本語最強の免罪符である[1]

概要[編集 | hide | hide all]

言い切りの文に付けると、多分免罪符的な効用を得ることができる[2]、単語である。

これを使うことで言った事が間違っていても、社会的・個人的な批判及び制裁から逃れる事ができる。たぶん[3]
言う事が間違っていても社会的・個人的な批判及び制裁から多分逃れる事ができる素晴らしい機能[4]が多分ある[5]ため、ビジネスに使用すると良いとされている[6]。ビジネスに最適である理由は多分後で述べる[7][8]

使用例[編集 | hide]

ここでは2つの「多分」の使い方を紹介する。多分これ以外の用法はない[9]のでそれ以外の書き方は割愛する。

  1. その1
    1. 多分○○だよ
    2. 違うじゃないか
    3. 多分って言っただろ、責任は持てない。( ̄ー ̄)ニヤリ
    4. そっ、そうだけど…
  2. その2
    1. ○○だよ。多分。
    2. 違うじゃないか
    3. 多分って言っただろ、責任は持てない。( ̄ー ̄)ニヤリ
    4. そっ、そうだけど…

このように、「多分」という語句を先頭に付けても後ろに付けても、多分意味は変わらない[10]

また、漢字にしても平仮名にしても片仮名にしても同様の効果が期待される。たぶん[11]

このようにして使うことで誰でも簡単に責任逃れできる。非常にお手軽である。多分[12]

免責事項[編集 | hide]

多分この節では免責事項を述べます。全てに同意してください。また、ウソペディア:免責事項もお読みください[13]

  1. 「多分」という言葉が日本語最強の免罪符とは言い切れません。「多分」が付いているため、この1文によりあなたがどんな損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  2. 「多分」という言葉を使うことで免罪符的な効用を得ることができるとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたが免罪符的な効用を得ることができず、どんな損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  3. 「多分」という言葉を使うことで、あなたが言った事が間違っていても社会的・個人的な批判及び制裁から逃れる事ができるとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたが社会的・個人的な批判及び制裁から逃れられず、結果的にどんな損害が発生したとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  4. 「多分」という言葉の機能が「素晴らしい」とは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたに損害が発生したとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  5. 「多分」という言葉に「『素晴らしい機能』がある」とは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたがどんな損害を被ってもウソペディアは一切責任を負いません。
  6. 「多分」という言葉がビジネスに最適であるとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたにビジネス上もしくは個人的に損害が発生したとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  7. 「多分」という言葉がビジネスに最適である理由をこの後で述べるとは言い切れません。この文より前に既に述べた可能性もあります。「多分」が付いているため、あなたにビジネス上もしくは個人的に損害が発生したとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  8. 「多分」という言葉がビジネスに最適である理由をこの記事で述べるとは言い切れません。述べない可能性も十分にあります。「多分」が付いているため、あなたの知的好奇心を満たすことができずビジネス上もしくは個人的に損害が発生したとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  9. 「多分」という言葉の用法が筆者が挙げた2例のみとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたがどんな肉体的損害・精神的損害・物理的損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  10. 「多分」という言葉をどの位置に付けても意味が変わらないとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたがどんな損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  11. 「多分」にしても「たぶん」にしても「タブン」にしても意味が変わらないとは言い切れません。「たぶん」が付いているため、どんな損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  12. 「多分」という言葉でお手軽に責任逃れできるとは言い切れません。「多分」が付いているため、あなたが責任逃れできず損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。
  13. 免責事項のみを述べるとは言い切れません。「多分」が付いているため、免責事項とは関係ない文章を読むことによりあなたの時間を浪費し、結果あなたがどんな損害を受けたとしてもウソペディアは一切責任を負いません。