ウソチューンズ流行の予感、立役者を直撃

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後日、ウソニュースにてインタビュー記事として掲載予定。出来るものなら、全管理者に色々訊いてみたい。


ウソペディアの姉妹プロジェクトにして屈指の過疎コーナーであったウソチューンズUnTunes二番煎じでしか無かったこのプロジェクトが、今、大きく変貌を遂げようとしている。

そのきっかけになったのが、ウソペディアの管理者にして、ネット上で作曲活動を行うpeacementhol氏の作品、アナタノタメナラ。今まで替え歌専門コーナーと思われていたウソチューンズに、「自作楽曲」で一石を投じたのである。今回は、そんなウソチューンズの立役者とも言えるpeacementhol氏を直撃した。


某月某日、都内某所

ーー 本日は、宜しくお願いします。

peacementhol(以下P) 宜しくお願いします。

ーー まず、今回の取材のために「アナタノタメナラ」を聴かせていただいたのですが、カッコいいですね。

P おお、ありがとうございます。

ーー 勿論、面白いんですけど、面白い上にカッコいいんですよ。

P そうですか?(笑) あれはふざけて作ったものなんですけどね。

ーー ふざけて作ったものなんですか? すごいクオリティですね。

P いやいや…。

ーー 何しろ、アナタノタメナラがウソチューンズに革命を起こした感じですからね。

P まあ、結果的にハードルを上げてしまったなあと思っています。

ーー でも、ハードルは高い方がお互いを高め合えると思いますし、最悪ハードルは高ければ高いほどくぐりやすいですからね。

P (笑)

ーー さて、まずはpeacementholさんが作曲を始められたきっかけをお聞きしたいと思います。

P ええと、元々ドラムをやっていたんですよ。

ーー そうなんですか!? 実はもドラムやっているんです。

P あ、そうなんですか。因みに何年ほど?

ーー 6年…くらいですかね。一応、師匠に「大学生とバンド組んじゃいなよ」と言われたことがあります。

P マジすか! 参りました(笑)。

ーー (笑) ドラムはいつ頃から?

P かれこれ20年以上前ですね。

ーー それから、作曲を始められたんですね。

P はい。16の時に始めました。

ーー 16歳ですか。早熟ですね。