SCP-[データ削除済]

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイテム番号: SCP-[データ削除済]

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 各言語版ごとに財団側が用意されたウェブサイトにて収容してください。財団における物体の収容活動に支障が出ないかを監視するため、常にサイト██の職員がパーソナルコンピューターを用いて情報流出を確認し、検閲を行ってください。物体の重要な情報が流出した場合、また各言語版において新たに物体が登録されたことが確認された場合には、慎重に動向を調査し、影響を観察してください。検閲によって発覚した記事の影響が重度かつ広範だと予測されたものに関しては、即座に消去処理が行われ履歴は抹消されます。

説明:SCP-[データ削除済]は英語、日本語他複数の言語の文字コードによって書かれたSCP財団と名乗る匿名のウェブサイトです。現実に企業や法人といった形で実体は存在せず、架空の財団であると考えられています。SCP-[データ削除済]は現実に存在しない異常な事象・生物・物体といったものをSCPとしてナンバリング化し、そのようなオブジェクトを確保、財団施設[1]収容、適切な保護を行うことを目的として活動していると述べています。また、異常なオブジェクトに対してはオブジェクトクラスという独自の指標を定め、収容が容易であるものをSafe、一般的・収容時の対応をEuclid、堅固な収容施設・慎重な収容をKeterとして表し、他いくつかのクラスによって分類しています。

SCP-[データ削除済]の異常性は恒常的に発露されます。発見時には既にいくつかの番号にいくつものオブジェクトを記載していたものの、アクセスを繰り返す度にいくつかのハンドルネームにおいてオブジェクトが増加していることが判明しました。SCPが増えるにつれ、様々な形の文書[2]が増加していることが判明しています。また、ハンドルネーム同士においてコミュニケーションが通っていることから、何者かの手によってこのサイトが運営されているのであろうと考えられています。それはオリジナルの英語圏に留まらず、複数の言語圏においてもサイトが独立し独自のSCPを作成している[3]

SCP-[データ削除済]はインターネットサーフィン中であった[編集済]研究員によって発見されました。

FootNotes[編集 | hide | hide all]

  1. ウェブサイト上では他の企業や財団であることを隠して建てられたサイトと遠隔地に存在するエリアがあるとされているが、真偽は不明。
  2. 研究者の人事ファイル、taleと呼ばれるストーリー、世界観の説明と思われし文章、[データ削除済]などが見つかりました。
  3. たとえば日本語圏ならばSCP-X-JP、中国圏ならSCP-X-CNといった具合に、2文字の国コードが附属します。英語圏にはつきません。