利用者:邪魔ー/Sandbox1

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルマーク運動

テンプレート:Wikipedia ベルマーク運動とは、本来、商品のパケージや個装に記載されている「ベルマーク」を収集し、その収集したベルマークに記載されているポイントを1ポイント1円あたりに換算し交換することで、僻地にある学校支援を目的として開始された慈善事業である。しかし、その実は単なるパフォーマンスであり、偽善的な集金手段であることが最近指摘されている。

概要[編集 | hide | hide all]

ベルマーク運動は、1960年に朝日新聞社主体により始まった慈善事業。1957年、福島県の山村小学校に赴任していた女性教諭からの要望を受け、同社が各社に協賛を呼びかけて実現したことが始まりである。

ベルマークは協賛企業の販売する商品のパケージや個装にプリントされ、それを切り離して紙などの台紙に貼付し、一定のポイントが溜まったらそれを現金または協賛企業の商品と交換する仕組み。ベルマークの交換を受けられるのは団体のは「教育機関、福祉施設、公民館等」に限定されており、2016年現在27,000校以上に及ぶとされる。

ベルマーク運動の費用対効果を概算する[編集 | hide]