利用者:開拓者/法制度素案

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Gure.png【コメント】 記事の評価基準の成文法化を急ぎたいので作成。議論ページに貼る想定なので、見出しは通常より1レベル下げています。

修正系テンプレート[編集 | hide | hide all]

  • 対象:{{db}}ほどひどくはないレンジ、赤色執筆コンテストでいうなら、10点以上40点未満ほどに相当する記事。アンサイクロペディアのNRVからfixまでのレンジに相当。
    • アンサイクロペディアのゴチャゴチャした体系は不要。ちなみに、英語版アンサイのNRVはICUに統合されている。
    • {{無期限fix}}一本で十分なようにし、引数fix=で理由を記載する方式。原則として理由記載は義務だが、簡便なサブテンプレを数種用意する予定。

理由[編集 | hide]

単にNRVやICU相当の要修正というだけでは、ウソペディアにおいては削除権限の対象外である。
クソ記事でも削除されない(成長への希望が残される)一方で、ちゃんとユーモアの審美眼は我々にもあるんですよ、ということを示せるようにしたい。

貼る条件[編集 | hide]

以下のいずれかに当てはまる記事。

  1. 二番煎じで、ひねりのない自己言及的なページ
  2. 妄想記事で、何に対する風刺・ユーモアなのかが不明瞭な記事
  3. {{事実書きすぎ}}を貼れるほど事実が多く、かつそこにユーモアが感じられない記事
  4. 標準名前空間よりも、ウソニュース等に相応しい、時事的すぎるネタ
  5. 標準名前空間よりも、ウソディクショナリー移動が望ましい、1500バイトの壁すら超えていない記事
  • 4,5については、{{削除依頼}}と併用して、改善が見られない場合は移動措置も可とする。

剥がす条件[編集 | hide]

  1. 必須)加筆・改稿等により、上記条件から離脱していること。あるいは、先編集者の異議申し立て権が行使され、コミュニティが剥がすことに同意すること。
  2. (ベター)対象記事の初版執筆者ではないこと。
  3. (ベター)標準的な品質のJAUCPの記事と同じぐらいにはユーモラスになっていること(冗長性崇拝を行ったり、ネタ被りをネタにしたりする必要はない)。

その他(先編集権の制限)[編集 | hide]

{{無期限fix}}が貼られた記事の修正に際しては、たとえ{{先編集権主張}}が貼られていても、次のいずれかを満たす場合には、これを尊重しつつも、自由に改善措置を施すことが許される。

  1. {{無期限fix}}貼付後、1年以上誰も改稿・加筆を試みない場合(ただし、後述の異議申し立て議論中は適用除外)
  2. 削除議論相当と判断され、{{削除依頼}}も合わせて貼付された場合

先編集権の制限は、{{無期限fix}}除去後は、直ちに無効となる。 (要するに、修正系テンプレが貼られているのに異議申し立てもせず編集もせずに無視する状況は、自己満足だし権利放棄しているようなものなんじゃないの?ってこと)

{{無期限fix}}を貼られた場合の先編集者の権利[編集 | hide]

先編集権制限前[編集 | hide]
  1. 先編集者は、{{fix異議}}を貼って、当該記事のトークページにて異議申し立てを行うことができる。
    1. この異議申し立てで、コミュニティーが剥がすことに同意した場合は、たとえ{{無期限fix}}貼付後無編集であったとしても、これを剥がすことができる。
    2. 異議申し立てにおいて、先編集者は、その記事が今の姿で十分にユーモラスであることをコミュニティに説明することが求められる。
    3. コミュニティーの成員は、異議申し立てへの賛成を、「先編集権者の主張であること」のみに基づいて行うことは認められない(他の何らかの根拠が必要)。
先編集権制限後[編集 | hide]
  1. 先編集者は、明かな改悪(荒らし・白紙化、誤字脱字等)の場合を除き、勝手にリバート権を行使することはできない。
    1. 取り消し操作を行わず、細部編集を繰り返して事実上のリバートを行うなど、それに類する結果をもたらす行為も同様に禁止する。
  2. 先編集者が後編集を改悪だと判断し、リバートしたい場合は、{{リバート発議}}を貼って議論を行い、コミュニティーの同意が得られれば、リバート権を行使することができる。
    1. リバート発議において、先編集者は、その記事が改変されたことでユーモアを損なったことをコミュニティに説明することが求められる。
    2. コミュニティーの成員は、リバートへの賛成を、「先編集権者の主張であること」のみに基づいて行うことは認められない(他の何らかの根拠が必要)。
  3. 加筆改稿など、リバート以外の先編集者の権限は、一切制限されない。
    1. ただし、{{fix異議}}を貼ることはできない。

{{fix異議}}について[編集 | hide]

議論延長による先編集権制限回避を防止するため、原則として議論の期間は、貼り付けから3カ月以内とする。

修正系テンプレート対案A[編集 | hide]

{{無期限fix}}は翠色執筆コンテスト専用テンプレートに使い、法的な権限は一切なしとする。それに伴い、{{Fix異議}}及び{{リバート発議}}は、歴史的遺産_(ウソペディア)に陳列し、後続ユーザーによる同様の着想の参考になるように役立てる。

秀逸な記事[編集 | hide]

秀逸な記事の議論の対象[編集 | hide]

次のいずれかを満たす記事。

  1. 赤色又は翠色執筆コンテストで90点以上を獲得し、独自発展記事・昇華記事(いずれも仮称)に選出された記事。
  2. アクティブユーザー3名以上の支持で、愉快な議論所/秀逸な記事審査委員会(仮称)に秀逸な記事認定を提案された記事。
認定条件[編集 | hide]

投票期間内(議論1ヶ月以内、投票1週間を目安とする)に、アクティブユーザー5名以上が{{賛成}}又は{{条件付き賛成}}を投じ、且つそのうち4名以上が{{賛成}}していること。

審査基準[編集 | hide]
  1. ウソペディアの看板記事としてふさわしいこと。
  2. ウソペディアならではであって、海外版を含めたアンサイクロペディア等の二番煎じではないこと。
  3. アンサイクロペディアの秀逸な記事が認定されたてほやほやだった頃と同じぐらい、十分にユーモラスであること。
  4. 自己言及的なページ(自己言及しか武器がないページ)は原則禁止(JAUCPで秀逸認定されていても)。例えば、自己満足は(JAUCPでは秀逸認定されており、ウソペディア版はJAUCP版以上に激しく自己賛美しているが)ダメ。
  5. {{先秀逸}}が貼られている記事は要注意。それ自体にネタ性がない限り、原則不可。

自動的に秀逸な記事に認定[編集 | hide]

  1. 赤色執筆コンテスト100点満点の記事。(翠色については審査基準次第)
    • 100点は、上記審査基準を満たしている場合に与えるべし。そうでなければ、どんなに面白くても99点に留めることを推奨。