利用者:Egg/sandbox/2

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

作画崩壊

作画崩壊(さくがほうかい)とは、アニメーションにおいて作画の品質が著しく悪い状態を指す言葉である。

概要[編集 | hide | hide all]

アニメーションには、言うまでもなく絵を描く人が必要不可欠である。しかもその絵を動かすので、ただ絵が描けるだけで勤まる仕事ではないのである[1]。しかも、殆どの制作会社が禁則事項です[2]なので、能力のある人がなかなか集まらないのだ。それにも関わらずアニメの本数は年々増える一方である[3][4]ため、制作会社の人々は多忙を極めるばかりである。そんなアニメ業界の縮図ともいえる現象が作画崩壊である。

実例[編集 | hide]

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

ヤシガニ。風評被害もいいところである。
ふしぎの海のナディア
20台の話数で発生し、「島編」と呼ばれ作画崩壊の代名詞の一つとなった。全体的な作画崩壊を避けるために極端な作画崩壊を起こす(要約)という前代未聞の解決策を取ったことによる産物であるが、結果的にアニヲタの多くが大韓民国嫌悪している原因となってしまった。
ロスト・ユニバース
第4話で発生して話題になる。その時のサブタイトルが「ヤシガニ屠る」であったことから、いつしか「ヤシガニ」が作画崩壊の代名詞となった。確かにヤシガニは(カニだと思うと)作画崩壊したような外見だけど[5]
サムライフラメンコ
品質に定評のあるノイタミナで起こった事例、かつ作中での地震発生と同時に崩壊したことで話題になる。未だにマングローブ破産の引き金とかノイタミナ史上最低作画とか言われ続けているとか。

防止法[編集 | hide]

  1. 執筆者がアニメ関連の仕事をしたくない理由である[不要出典]
  2. ウィキペディアにすら「劣悪な労働環境」とはっきり書かれるほどである。
  3. 本数が多いくせにジャンルが分散していないわ、本数多すぎてどれを見るか取捨選択できないわ、放送時間モロ被りするわ、制作会社が死にかけてるわ・・・と、はっきり言って制作側にも視聴者側にもメリットがない
  4. その殆どが深夜放送である。子供向けアニメに関してはいつも枠移動で失敗しちゃう某局某不良品を左遷するくらいにはオワコン扱いである。
  5. ヤドカリの一種なので仕方がない。