剛田氏

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

剛田氏(ごうだし)とは、伊予国を発祥とする日本の士族、または豪族。

発祥[編集 | hide | hide all]

発祥は詳細は不明だが戦国時代とされ、伊予国の豪商「合田氏」の一部を起源とし、本姓は合田とされる。由来は、本姓の「合田」と「豪」から豪田で、当初豪田であったが、後に、伊予国のこの商人団が商人になる前の役職が田の測量士だった為、田の測量単位にも準じ、時の相性からも最終的に剛田となった。

その名の通り剛田氏の祖である剛田忠次氏自身は、合田氏の中では最大の豪商であり、同時に田測量士出身であったことから商人の中でも特段高い技術力を持っており、日本刀の鋳造なども行っていた。伊予国最大の武士をも動かす非常に強い影響力を持っていたという。その後には下剋上で、支配していた武士を殺害し、伊予国を支配下においた。その後、伊予国を追い出され、薩摩に流されたが、それ以降も強い影響を依然として保持していたと言う。

有名人[編集 | hide]

繋がりの深い氏族[編集 | hide]

  • 骨川氏 - 同じ伊予国の商人の出自。第二勢力であった。