北大阪急行電鉄

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北大阪急行電鉄(きたおおさかきゅうこうでんてつ)とは阪急電鉄により樹立された傀儡政権(要するに子会社)である。

概要[編集 | hide | hide all]

路線距離が5kmほどしかないのに準大手とか気持ち悪すぎるが、社名をもう一度見てみよう。そう、北大阪急行である。阪急様という大きな存在が付いているもんね。また、安い運賃を売りにして調子に乗っているが、千里中央駅から梅田駅まで行くときは地下鉄の運賃が追加されるので、あまり意味が無いとされている。

路線[編集 | hide]

南北線[編集 | hide]

新御堂筋で行われる、バイク立ち乗り・バイク撮り鉄・スラローム・蛇行追い越し・煽り・箱乗り・空ぶかし・過積載・ながら運転など、様々な曲乗りの実演を、もっと長く電車の中から観覧したい、という府民の要望に応える形で、千里中央駅まで延伸された観光路線である。

箕面方面へ延伸するらしいが、地下鉄の運賃が加算されることを考えると、阪急から客を奪えるかどうかが微妙である。

再開発により過去・現在・未来すべてのスラム街を消し去ることが目的とも言われており、今後の絶望ヶ丘や茨木台など秘境ニュータウンへの延伸が期待される。

東西線[編集 | hide]

大阪市営地下鉄の他路線と同様に、軌道法により開業。高速道路のど真ん中を走る路面電車として万博時には重宝された。

しかし中国道の全通後は、渋滞の列に電車が突っ込む、レールで滑った車が時速160キロで横転し跡形もなく大破する、一般車がトンネルに勝手に侵入して梅田に乗りつけるなど問題が多く、万博終了と同時に廃止された。

そのため千里中央駅での乗り継ぎが必要となり、長い長い連絡通路を経由する万博モノレールに置き換わってしまった。エキスポシティーが万博記念公園の近くにあったりと、需要はあるはずなのにね。

車両[編集 | hide]

現役車両[編集 | hide]

8000系[編集 | hide]

中身はまるで阪急のようだ。阪急万歳。

初代ポールスター。名前的にも見た目的にもかっこいい。中身はまるで阪急。

9000系[編集 | hide]

二代目ポールスター。名前的にも見た目的にも以下同文。中身だけでなく外観も半分阪急になってしまった。次世代車ではきっと車体全体が茶色くなるに違いない。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「北大阪急行電鉄」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア無し.png
ナニモノかが、アンサイクロペディアに「北大阪急行電鉄」の項目を執筆しましたが、NRV厨・八百科事典厨・削除厨の暗躍により削除されてしまいました。