協和帝国党

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

協和帝国党(きょうわていこくとう)とは、のび太国の野党の一つ。

概要[編集 | hide | hide all]

2017年6月の社会帝国党分裂に伴い誕生した政党。当初は現剛田協和党代表者である剛田茂氏によって設立されたが、党内クーデターにより解任され、現在は剛田優志氏が代表を務めている。

なお、茂氏体制と優志体制では党の方針や公約が根っから異なるため、実質別政党となっている。

歴史[編集 | hide]

分裂前[編集 | hide]

茂氏体制時代

2017年6月に社会帝国党が分裂した際、旧社帝党剛田新政会の流れを汲んで、剛田茂氏らを中心とした社会帝国党剛田家関係者を中心として設立された政党である。剛田新政会は元来社会帝国党の本派閥であった帝国前進会との関係が良好だったため、第一派閥の流れを汲む社帝党とはほぼ円満分裂の形で分裂した。

その後しばらくは茂氏が実験を握っていたが、優志氏から強引な手法や剛田主義的なやり方に対する不満を買い、結果党下層部を指揮して党内でクーデターを起こして、茂氏ら上層部を解任した。

優志氏体制時代

その後、変わって代表に就いた優志氏は自由主義・基本的人権の保証・人や自然・地球にやさしい社会づくりを党公約として挙げたが、元党中心部を中心とした主流派の不満を買い再び茂氏を代表者に復帰させようとする運動が活発化したが失敗し、結局主流派が新たに剛田協和党を建てて同党は分裂することになった。

分裂後[編集 | hide]

三党統合発表

2018年1月の新年党大会にて、同じく旧社会帝国党反主流派(民主・資本・自由主義派)である共和国の仲間達民主共和国と共にとの統合を合意した旨を発表。これによると1月25日に三党は統合し「民主共和党」という名称になるという。これにより、協和社帝党と並び、旧社会帝国党の主流派と反主流派による二大野党制が誕生することになる。

公約[編集 | hide]

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

関連項目[編集 | hide]