合成ポケモン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

合成ポケモン(ごうせい-)とは、遺伝子組換え済の合成されたポケモンである。あの遺伝子工学の権威であり陛下であるひよこ陛下も合成ポケモンをした事がある。

概要[編集 | hide | hide all]

合成ポケモンは主に遺伝子組換えとさらなる合成による人工卵でポケモンを開発する遺伝工学技術である。現在はこれを応用し、主に産業ポケモンやペット用ポケモン、更には任天堂の生物兵器の開発にも使われており、今後様々な事に使用する事が考えられ、将来生物の脅威になるだろうロボット工学に対する対抗策として需要が高まっている。

歴史[編集 | hide]

世界で初めて合成ポケモンの錬金をしたのは、小倉=マイコス=オグラノ(796~862)であり、彼が831年に発表した著書「生物錬金術」の中で発表された。合成ポケモンの合成法はまずホムンクルスを用意し、それに合成したいポケモンの血を入れて加熱し冷えだしたらよくかき混ぜるという方法だった。

現在使用されている近代合成ポケモン錬金法を発明したのは、日本人遺伝工学技師の早田次成が1923年に発明したものであり、現在ものび太国早田研究所でその改良型が発明されている。

合成ポケモンの種類[編集 | hide]

ペット用[編集 | hide]

ペット用に開発された合成ポケモン。1952年に生産されたハクスズメが有名。最近ではのび太国が開発したヒューマノイドワンコディが話題となっている。

産業用[編集 | hide]

産業用に開発された合成ポケモン。鉄鋼製造所で使われる光熱大火豚が有名。

兵器用[編集 | hide]

ミサイラー(のび太国軍部省生物兵器開発課の合成ポケモン)・ピカドン・ミューツー等が該当する合成ポケモン。

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『合成ポケモン』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ