味の素

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

味の素とは味覚構成する有機物である。別名、味素、アジモトニウムとも呼ばれる。

概要[編集 | hide | hide all]

味の素は英語でTaste of elementary(翻訳すると味の素)であり、味の素には甘味素、辛味素、塩味素、酸味素、苦味素、旨味素の6つの種類が存在する。また、酸味素は酸性で、苦味素は塩基性である。そして4つの種類は、全て中性である。辛味素は触覚の仲間であるため、味の素の種類ではなかったが最近の研究により、辛味素は味の素との構成が似ている事が発見され、辛味素は味の素の種類と触覚の種類となった。最新の研究では渋味、冷味、刺激味も味の素との構成が似ており、味の素の近縁種となった。また、渋味は苦味の仲間である。 味の素はどうやって味を出しているのかは不明であり、味の素を舐めてみた研究者は、「味が分からない」と、発言している。そして味の素の6つの種類はどれも摂取しすぎると味覚中毒になるので注意が必要である。

種類[編集 | hide]

  • 甘味素…甘味の素である。摂取しすぎると高血糖になり、糖尿病になる。
  • 辛味素…辛味の素である。摂取しすぎると口の中が地獄になり、お腹の調子を壊すかもしれない。
  • 塩味素…塩味の素である。摂取しすぎると高血圧になり、脱水症状も起こし、胃に負担をかける。
  • 酸味素…酸味の素である。摂取しすぎると口の中がカラカラになり、脱水症状を起こす。
  • 苦味素…苦味の素である。摂取しすぎると顔が渋くなる。また、渋味は苦味の仲間である。
  • 旨味素…旨味の素である。イノシン酸、グルタミン酸、グアニル酸等がこの種類に当たる。

化合物[編集 | hide]

化合物には、渋化アジモトニウム、冷化アジモトニウム、刺激化アジモトニウム、癖化アジモトニウム等、12種類の化合物がある。 また新たに発見された、二酸化アジモトニウムはドラえもんの秘密道具、食品視覚化ガスのガスの原料に使われており、この二酸化アジモトニウムを吸うと旨味を感じ、胃の中に運ばれ満腹感を感じる。

その他[編集 | hide]

関連項目[編集 | hide]

 

この項目『味の素』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ