大口城

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大口城(おおくちじょう)とは、鹿児島県伊佐市にある城址である。かつては、剛田氏の居城であった。

概要[編集 | hide | hide all]

大口城の位置

保元の乱以降に平元衡により築城。のちに島津家の家臣のものとなるが菱刈氏に奪われる。その後に菱刈氏が島津氏に敗れ新納忠元の居城となるが、のちにこの家は途絶え、後の1633年に同じ大口の薩摩轟城から移った剛田氏が大口城を屋敷とした。

それ以来1969年まで使われており、唯一現役の城などと称されたこともある。また、剛田商店は当初この城を下った先で開業したとされる。

なお、土地は現在も剛田財閥系の剛田資産管理の所有となっている。現在も城内が良好な状態で残っており、連日多数の観光客が訪れている。

なお、土地は現在も剛田財閥系の剛田資産管理の所有となっている。全国の城跡の中でも珍しく城内全てが残っており、連日多数の観光客が訪れている。

城外施設[編集 | hide]

城内[編集 | hide]

関連項目[編集 | hide]

 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは290日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。