大川隆法

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大川隆法(おおかわりゅうほう、1956.7.7~)とは、幸福の科学の開祖である。信者からは教祖様(笑)・隆法様と呼ばれる。自分のみこそが世界を幸福にする釈迦の生まれ変わりであり、神に等しく世界で最も偉く特別な存在だと思っている。つまり、彼は自分が天皇陛下や安倍首相、米国大統領や国連理事よりも自分が偉いと思っているのであり、これ以上放置するといつ政府に対して暴動を起こすか分からない超危険人物である。また、このように自分が特別な存在だとする思考から考えて自己愛性人格障害を患っている可能性が極めて高い。

関連項目[編集 | hide | hide all]

ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達が「大川隆法」の項目を執筆しています。
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは458日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。