大晦日

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大晦日(おおみそか)とは、1年の最後の日で、町中で若者や変態達が、バカ遊びという名の行事を開く日である。

概要[編集 | hide | hide all]

1年で最後の日とされている大晦日、ほのぼのとした雰囲気であるものの、町中で若者達がバカ遊びという名の行事を開き、パーッと楽しむ。その行事には、このような物がある。

主な行事[編集 | hide]

変顔祭り[編集 | hide]

この変顔で、世界変顔選手権で優勝し、世界記録になった。

その名の通り、変顔をしまくる祭りである。まず、10人以上で集まり、一人ずつ変顔をしていく。この時笑った人数分、得点が入る。最下位だった人は、最後に、全員でボコボコにされる。死んで、生まれ変わっても、その場で殺すいわゆる「リスキル」もされる。

 

珍珍絵祭り[編集 | hide]

面白い絵を描いて、その笑った人の人数で得点を入れ、一番点数が多かった人は、シャンパンをかけられる。

吹っ切れた祭り[編集 | hide]

ネット上で人気になっている「おちゃめ機能」という曲に合わせて、ケツを振り続ける祭り。

公園の水飲み場祭り[編集 | hide]

公園の水飲み場で、噴出口を、人差し指で塞いで、勢いよく噴射させる。

チカン祭り[編集 | hide]

その名の通り、逮捕されるまで痴漢し続ける祭り。野比のび太も実施したが、このせいで、女子に嫌われ、くりぼっちと化した。

雷さん家の窓割り祭り[編集 | hide]

まず、空き地で野球をし、打ったボールを雷さんの家の窓、あるいは盆栽を壊す祭り。

殺人祭り[編集 | hide]

出典[編集 | hide]

  • ただの思い込みまたは独自研究

関連項目[編集 | hide]