オオサカノオバチャン

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オオサカノオバチャン(学名:Amita Osakana)は、霊長目ヒト科ヒト属に分類される動物である。

概要[編集 | hide | hide all]

日本大阪府の固有種であり、ヒトの中年女性のような姿をしていることから「大阪のおばちゃん」という和名がつけられた。

知能が高く、ほぼすべての個体が日本語を話す事ができ[1]、またヒトと同等の存在として生活することができる。また、韓国語を話す個体も確認されている。

着脱可能なヒョウ柄の毛皮や金色のもの、「アメちゃん」と呼ばれる玉を保持している個体が多い。これは長らく護身用と考えられていたが、現在ではほぼ否定されている[誰?]

生活のうえでトラと密接な関係を持っていることが多い。

なお、これらの特徴を有していてもヒトであることもあるため[2]、オオサカノオバチャンを見分けることは非常に難しい[3]

テレビなどでよく存在が言及されているが、実際にはオオサカノオバチャンとみられる個体は非常に少なく、新今宮界隈などにごく一部しか生息していないことが発覚しており、国際自然保護連合(IUCN)によってレッドリストに登録されている。

脚注[編集 | hide]

  1. 非常に声が大きく、関西弁を喋る個体がほとんどである。
  2. そのような姿をしたヒトは主にテレビに登場(静岡県で放送されたCMが典型例)する。
  3. ただし、関西人であれば感覚でわかるらしい。