太宰治

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太宰治(ださいおさむ、1909年6月19日~1948年6月13日)とは、日本の小説家・インターネット研究家。ウソペディアの創設者でユアペディアの影の実力者でもある。当初はアンサイクロペディア創設者のオスカー・ワイルド氏に対して尊敬の態度を見せており、アンサイクロペディアにおいて活動していたが、アンサイクロペディアに疑問を抱いた事やアンサイクロペディアで禁錮令にされた事から、当サイトを創設した神の様な人物であり、皇帝の様に慕われる人物である。

しかし、その生き方などは賛否両論であり、その死に方からダサいの語源になったとも言う。某ユーモア研究生共が当サイトをダソペディアと呼ぶ(勿論蔑称)事があるが、これはダサい(太宰)とウソペディアの鞄語である。

人物[編集 | hide | hide all]

ユーモア研究生により精神的に追われた結果、四度も自殺未遂を繰り返した事でも有名な人物。それでも中々死ななかった為、ある意味ユーモア研究生よりも強い耐久力を持っていたと思われる。1948年の自殺後も今なお生存説が囁かれており、実は現実世界からインターネット世界に生き場を移したのだと思われる。

青森県金木村の大地主の家に生まれた人物であり、それだけあって幼少期からアンサイクロペディアに親しみ、小学時代にはオスカー・ワイルド氏を尊敬する発言をしていた事はあまりにも有名で、当時から実に有能な人物として金木の人々から知られたと言う。成績優秀だったことあって帝国大学(現: 東京大学)フランス文学科に入学したが、大学時代にアンサイクロペディアで熱心な編集者として参加する様になり、講義に参加しなくなって行き留年沙汰になった為中退した。

また、中原中也との同性愛疑惑もあり、表面上否定しているが、これがもし事実ならアンサイクロペディア創設者オスカー・ワイルド氏の影響とも取れる。

関連項目[編集 | hide]