女帝ツァール1729世

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女帝ツァールとは、謎の人物である、いくつかの解っている情報をここに記そうと思う。

プロフィール[編集 | hide | hide all]

女帝ツァール[1][2]世とは、ビックバンの遥か以前より君臨されていらっしゃる偉大なるロリババァ女帝である。

何年経っても、変わる事のない美しき恒等性、誰にでも親しむ事の出来る気さくさ、しかし、その深淵なる本心[3]には何人たりとも触れさせない気高く高貴なる難解さ[4][5]を持つ。

姿を人前に見せない謎の女帝[編集 | hide]

アンサイクロペディアから、送られて来たとあるやんごとなき身分にいらっしゃる黄色い小鳥より、ウソペディアよ、一日目は、金貨枚、二日目には金貨枚払うでおじゃる、後はどうすれば解るでおじゃるな?と脅迫をされていたさいに、宰相レオンハルト=オイラーの策により、全ての金貨を一括で払うと事を約束し、金貨を受け取りに来たとある黄色い御方に、逆に金貨枚請求し返り討ちにした。

当時その場にいたキングカズマガウスに対し、然る黄色い御方が、帰り際にお前がこの国の王でおじゃるか?と聞いた際、私は他の全ての国を束ねる国の王ですが、私の国の王は、女帝であるツァールでございますと発言し、女帝として君臨している事が確認された。

脚注[編集 | hide]

  1. ドイツ語でと書き女性名詞である。
  2. 隣に住んでいるインド人魔術師によると、「彼女は番目ではありません、実に興味深いです、つの立方数の和で二通りで表されると言う観点に置いては、一番最初なのです。」だそう。
  3. 間違ってもページの楽譜の余白に彼女の本心が解った等と金色の文字で、吹聴してはいけない。
  4. 何故か、実数の範囲内でなく、複素数の範囲で考えなければならないこともあり、代数学を高度に抽象化したり、幾何学や確率論、解析学等の手法も必要であり、更には、抽象化した為に集合論の発展も必要である。
  5. 当然、整数なので、やらに頼らない証明が求められる時もある。エルディシュなのセルベルリが、証明した、素数定理の初等的証明は、当時の数学界で話題となった。初等的と言っても、複素解析等の道具を持ち要らないと言うだけで、証明はむしろ、関数に頼った方が優しい。