孟母参戦の教え

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WiktionaryJa.svg
ユーモア欠落症患者の為に、ウィクショナリーの辞書編纂者気取りたちが「孟母参戦」の項目を執筆しています。

孟母参戦の教え(もうぼさんせん - おし - )は、孟母孟子に教え諭した、参戦にまつわるいくつかの事項である。

概要[編集 | hide | hide all]

孟母はスマブラに参戦する方法も心得ている

孟母と言えば、早くに夫を亡くしたことで、女手一つで孟子を育てることになり、孟子のために住環境を3回も変えた[不要出典]という教育ママぶりが目立つが、その結果「生きていくには、幾度となく争いを乗り越えていかなくてはならない」という真理に辿り着いていた[1]。そこで孟子に伝えたとされるのが、この孟母参戦の教えである。

この教えについて、孟子は「母曰わく、人生における様々な選択は全て戦いである」と述べている[要出典]

 

内容[編集 | hide]

その名の通り、あらゆる争いに参加する際の心得をまとめたものである。

最も重きを置くのは、戦争などの一般的な争いに関する内容である。特に、参戦の際には、まず自ら名前を名乗ることが最低限の礼儀であるとしている。この教えは、後の戦国武将たちに影響を与えたと言われている[要出典][2]

そして、戦争以外の優劣を競う物事や、優劣が一概に決め難いような事象も一種の争いと定義されているのが特徴である。以下に列記するのはその一部であるが、伝承されていく過程で脚色されたり、新たに付け加えられたりしたものもあるため、全てを鵜呑みにしないよう注意する必要がある。

  • オークションに参戦する場合は、序盤から存在感を示しておき、大きく入札したい局面ではそんな気持ちをぐっと抑えること、また、あまりに無謀な場合はわざと引くことも大事である。
  • 受験に臨む場合は、参戦の数年前から入念な下準備をしておくこと。但し、頑固で偏屈な偏差値人間にならないように、受験勉強と関係ない息抜きも適度にすべきである。試験当日は下痢止めを飲み、日頃から聴いているプレイリストをかけながら会場に向かい、周りの雰囲気を気にせずに臨むこと。学歴偏重の国のようなカンニングは、規模の大小にかかわらずやってはいけない。そして何より、親の体面を保つために一流のところへ入れ。
  • バーゲンセールの際は、開始時間を常に確認しながら売り場をウロチョロし、店員が「只今より…」と声を発するのを聞き逃さず、足のバネを活かして勢いよく飛び出し、ワゴンにしがみつきながら第一線に留まることが重要である。
  • 湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズにおいて乱入対戦をする際は、相手プレイヤーがDQNでないことを確認してから行うべきである。また、身内対戦後のボーナスプレイ中のプレイヤーや、乱入対戦が何かも分からないキッズがプレイしている場合は、乱入しないのが大人の対応である。

この他には、女性との付き合い方に関する内容もあり、これは孟子が後に提唱する、性的な話題を取り上げるのは良いことだとする「性善説」に影響を与えたと言われている。

また、これらの教えがあったお陰で、孟子は選挙で三度当選したと言われている。そのため、この教えは「孟母三選の教え」と呼ばれることもある[要出典]

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

脚注[編集 | hide]

  1. ここまで来ると、最早孟母というより猛母である。
  2. つまり、孟母がいなかったら日本の歴史はつまらないものになり、時代劇も生まれなかったかもしれないのである。日本文化は孟母によって作られたのかもしれない[要出典]

関連項目[編集 | hide]