家畜

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

家畜(かちく)とは、人間に奴隷として飼われている動物である。

概要[編集 | hide | hide all]

家畜とは、主にといった人間の欲望の為だけに奴隷として飼われている動物を指す用語である。広義では人間に飼われている動物全てを指すのではという説もあるが誰も気にしない。また、鳥類の家畜は正確には家禽と呼ばれる。

また、なぜか偶蹄目の動物が多いが誰も気にしない

家畜の一覧[編集 | hide]

哺乳類[編集 | hide]

家畜のうち代表的な生物。牧場に放牧されているイメージがあるが、日本国内ではあれは主に肉牛目的で行われている事が多く、乳牛は殆ど牛舎に閉じ込められている事が多い。
乳牛は、敢えて脂肪分の多い餌を食わされ、更には牛乳を出す為に無意味に仔牛を産ませ、牛乳を一部どころか全て人間が横取りする事が多い。肉牛は一見楽そうに見えるが、あれで筋肉質にさせて、筋肉が増えれば家畜処刑場に送られる。また、乳牛から乳が出なくなった時、本来は安静に放牧してやらせるべきだが、大半の人間は家畜処刑場に送る。
なお、日本の牛乳が滅茶苦茶不味い理由は、この様に牛やを閉じ込めて残虐的に採取する為、牛がストレスを抱えて居るからである。
デブ肥満に類似した生物。肉にして食べる為に飼われる。
母豚として仕分けられた豚は、妊娠すると妊娠ストールと呼ばれる収容所にいれられ、不衛生かつ動けない閉鎖的で過酷にストレスを与えさせる。
飼い主の人間共は、過酷な状況下でどれだけ我慢できるかという豚に対しての試練とこれを言うが、海外では禁止されているので信憑性は薄く、実態は自己的に豚を強制妊娠させて増やしたいという人間の願望でしかないのが現状である。
毛が多いメーと鳴く生物。衣服を作る為に飼われる。
放牧されていて割と自由なので楽だと思われがちだが、実際は羊が嫌でも強制的に毛刈りが行われる。
ヤギ
哺乳類家畜の中では一番マシな扱いを受ける生物。
牛が育たない高山では乳飲料の採取に使われる。
乗り物として使われる生物。また、この中では唯一奇蹄目である。走らせたり馬車を引かせる為に飼われる。
速く走らせる為に無理矢理調教される他、走らないとケツ叩きを行われる。
要らなくなると馬肉にされる。

節足動物[編集 | hide]

を作るために使われる動物。家畜となって久しく、動きが遅い、成虫は餌を一切食べず飛ぶこともできない、真っ白で目立つなど、自然界では一切通用しない体の構造をしているため、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物とまで言われてしまっている。

社畜との違い[編集 | hide]

社畜は、会社に雇われる奴隷の事であるが、家畜は人間が奴隷にしている動物の事である。

しかし、この両者は語呂が似ている他、ある解釈をすれば、ある人が(人含め)生物を奴隷として振り回していることという共通点が見出せる。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「家畜」の項目を執筆しています。
 
終わらない工事
この記事は工事中です。ですがこのままいけば、この工事は終わらなさそうです。今見ているあなたも工事に協力してください。もちろん、空気を読んでの話ですけど。
注意: このページは104日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。