小倉=ノルト=オグラノ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉=ノルト=オグラノ (おぐらののるとおぐらの、小倉 能瑠戸 小倉野、794-795)とは、平安時代初期に活躍した逸材である。

生涯[編集 | hide | hide all]

794年に長岡京にて生まれる。生後僅か3時間で四つん這い歩きを始め、3日で立ち、5日に言葉を話したと言う。それ以降、まだ0歳ながらも陰陽師に就任し吉凶を日々占ったという。

795年、平安京から小倉への移動中に一家の長で兄の小倉=パルロ=オグラノに誘拐の後撲殺され死去、享年一歳。死後、極端に短い生涯ながらも非常に有能だった彼の功績を称え、小倉に墓所として能瑠戸塚が建設された。

余談[編集 | hide]

マクドナルドの教祖であるドナルド・マクドナルドを逆再生すると彼の名で聞こえるとの指摘があり、彼はそのことからドナルド教の信者ではなかったのかとの指摘がなされることがあるが、当時の史書にそのような記述はなく、現在では多くの歴史学者からは偽説に過ぎないとの見解が出されている。しかし、彼の祖先である古代ギリシャのオドゥラニウスやローマのオグラーノ家がドナルド教の信徒であったことは紛れも無い事実であり、近年は再びドナルド教徒説が盛り上がりを見せている。